ホーム | 日系社会ニュース | 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(7)

日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(7)

アルバレス・マッシャードに現在も残る日本人墓地

アルバレス・マッシャードに現在も残る日本人墓地

 星名の新聞は厳しく移民会社を批判し、あるべき植民地建設の理想を謳い、実際に自ら梅弁植民地を企画して自社広告で売り出し、競合が増えてきたところで使命を終える。つまり邦字紙は思想的にはオピニオンリーダーでありながら、経済的には植民地の土地売り広告を掲載する媒体(メディア)だった。
 少なくとも1918年12月14日号までは刊行された。その間、3年ていどと短命だが、邦字紙の存在意義を移民に理解させ、右往左往していた競合者をやっきにさせた点で大きな使命を果した。
 1918年11月30日付けには「日本人墓地の必要」との社説が掲載され、「悪戦苦闘、つぶさに辛惨(編註=酸か)をなめて我等後進者の前途を開拓した無名の勇者をして、せめて死後の安泰を得しむることは、我等在留者が責任を持って当たらねばならない訳ではないか。(中略)日本人専用墓地の必要は、既に空談(編註=ママ)の余地はなくなっている」と論じている。
 アルバレス・マッシャードに現在も残る日本人墓地があるのは、この考え方に基づいていることは容易に想像できる。
 ハワイ最初の邦字紙の経営に携わり、その後、ブラジルでも最初の邦字紙を創刊した。海外最大の日系集団地の双方で、そのような功績を残したのは後にも先にも星名一人だ。

②『日伯新聞』

 前述のように最初に邦字紙創刊のアイデアを持ったのは金子保三郎であり、週刊『南米』より先に発行の準備を進めていたが、活字にこだわるあまりに星名に先を越された格好になった。
 サンパウロ州政府から渡航費補助を打ち切られ存亡の危機に瀕していた移民会社は1916年3月に合併し、ブラジル移民会社(後の海外興業株式会社)を組織し、同年8月に支配人の神谷忠雄は向こう4年間で2万人、サンパウロ州政府から渡航費の一部補助を受ける形での移民導入契約を結んだ。
 移民の大量導入決定を受けて、金子保三郎は8月31日の天長節をもって石版刷りの週刊紙『日伯新聞』(住所Trav.de Castro,18 S.Paulo)を創刊した。
 編集を担当したのは一時期、週刊『南米』に席をおいたが、すぐに金子と合流した輪湖だった。北米時代に「ロッキー時報」記者などを経験していた輪湖は、金子と同年代であり、当時まだ26歳ぐらいだった。
 「日伯新聞社は地下室にあつた。表の部屋は工場兼編集室で、其次ぎの一室に金子の家族と彼が寝起きしていた。移民地の初期に應はしい貧民窟其儘(そのまま)の生活ではあつたが、希望は輝いて居たのであった」 という状態だった。(敬称略、つづく、深沢正雪記者)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]