ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ミナス州=現市長の兄弟が政敵候補殺害=汚職告発動画撮影を妨害、銃殺

《ブラジル》ミナス州=現市長の兄弟が政敵候補殺害=汚職告発動画撮影を妨害、銃殺

 ミナス・ジェライス州で24日、現市長の兄弟が、ライバル市長選候補を殺害する事件が起こった。25日付伯字紙が報じている。
 殺害されたのは同州パトロシーニオ市の市議会議長も務めたカシオ・レミス氏(民主社会党・PSDB)。11月の市長選に立候補していた。24日午後、同市の事業局の付属施設の中で殺害された。

 死の数分前、レミス氏は事業局前で動画を撮影し、同局の不正を訴えていた。そこに事業局長で、同市市長のデイロー・マーラ氏の兄弟のジョルジェ・マーラ氏が現れ、レミス氏を撮影していた人物ともみ合いになった。
 ジョルジェ氏はこの人物が撮影に使っていた携帯電話を奪い、同局の中に持ち込んだ後、軽トラックの中に逃げた。レミス氏は携帯電話を取り戻そうとマーラ氏を追ったが、口論の末、ジョルジェ氏がレミス氏に銃5発を発砲。レミス氏は即死した。ジョルジェ氏は逃走中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コンパクトミラーを見ながら真剣な表情で化粧をする女性(写真素材「ぱくたそ」モデル:ディアナ)2015年5月23日 ブラジル人女性の嫉妬心  日本にも「悋気嫉妬は女の常」という言葉はあるが、ブラジル人女性のそれは特にすさまじい。当地の女性と付き合ったことがある男性陣は、きっと賛同する違いない▼コラム子の風貌は平均的日本人だが、家人とスーパーで買い物中、コラム子を品定めしていたらしき男性の若い恋人から […]
  • 講師の峯、寺前さん来伯=日本祭りで絵手紙講習会2013年7月31日 講師の峯、寺前さん来伯=日本祭りで絵手紙講習会 ニッケイ新聞 2013年7月20日  日本の絵手紙講師、峯譽さんと寺前ヒサエさんが18日から2週間当地に滞在し、サンパウロ市、マナウス、サンミゲル・アルカナジョの3市で絵手紙講習を開く。19日に「サンパウロ絵手紙友の会」の石井恵子会長、山本郁子講師、馬場ヨシ子さんと共に、峯夫妻 […]
  • ポア=蘭展示会に25万人来場日系農家の植物もずらり2010年9月21日 ポア=蘭展示会に25万人来場日系農家の植物もずらり ニッケイ新聞 2010年9月21日付け  サンパウロ州ポア市は3~7日にかけて同市内の公園で「第38回蘭・観葉植物展示会」を開催し、5日間で約25万人(主催者発表)が会場に足を運んだ。 […]
  • ドウラードス日本語モデル校=創立25周年を顧みて=校長 城田 志津子=(6)2015年7月9日 ドウラードス日本語モデル校=創立25周年を顧みて=校長 城田 志津子=(6)  和太鼓「絆」の響きが地域を繋ぐ 後半の15年は開校当初に比べますと生徒数は半数にも及びませんが、それなりにきめ細かなゆとりある授業ができました。 また、和太鼓の導入がリーダーを育て、そのリーダーたちによってブラジル社会との交流が盛んになり、非日系の生徒が入学してくるように […]
  • 新里善秀氏2008年1月16日 新里善秀氏 ニッケイ新聞 2008年1月16日付け […]