ホーム | 日系社会ニュース | 三菱UFJが1万3千ドル寄付=福祉援協で防護具購入費に

三菱UFJが1万3千ドル寄付=福祉援協で防護具購入費に

寄付金で購入した防護具などを背に感謝の写真をとる職員と入居者(提供写真)

寄付金で購入した防護具などを背に感謝の写真をとる職員と入居者(提供写真)

 7月上旬に三菱UFJ銀行から日伯福祉援護協会(与儀上原昭雄会長)に1万3千ドルの寄付があった。傘下の高齢者養護施設であるサントス厚生ホーム、カンポスさんくらホーム、スザノ・イペランジアホームの4施設で不足していた体温測定器や手袋・マスクなどの個人用防護具購入にあてられたという。

イペランジアホームの様子。入居者の体温測定をする職員(提供写真)

イペランジアホームの様子。入居者の体温測定をする職員(提供写真)

 与儀会長は「新型コロナウイルスへの感染の懸念が広がる現状においてこのような寄付を頂き、援協関係者、各ホームの職員及び、入居者に代わって大変感謝いたします」と現場の喜びを代弁して感謝の意を表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催2021年2月20日 VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催  アグロフォレストリー(森林農法)の普及活動をするNPO法人「VERSTA」(東京都所在)は、24日9~12時にサンパウロ州セッチ・バラス市コミュニティセンター及びオンライン上で「第7回ジュサラ椰子AFプロジェクト啓発セミナー」を開催すると発表した。  このプロジェク […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]