ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍=病院関係者が驚きのプレゼント=ICUの窓を挟んで父と再会

《ブラジル》コロナ禍=病院関係者が驚きのプレゼント=ICUの窓を挟んで父と再会

窓越しに言葉を交わすソウザ氏親子(上)と自らの体験を語るタリッタちゃん(下)(1日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル北部トカンチンス州州都のパルマス市の病院関係者が、新型コロナウイルスの感染患者に驚きのプレゼントを用意した。

 プレゼントを受け取ったのは、コロナ感染症で集中治療室(ICU)に入院中の弁護士ジョゼ・ウーゴ・ソウザ氏だ。11日間の入院で症状が少し落ち着いた同氏は、1日に初めて廊下を歩く事が認められた。
 予期せぬプレゼントが用意されていたのはこの時だ。病院の関係者は、ウーゴ氏の父で薬剤師のフランシスコ・ソウザ氏が、少しでも息子に近い所にいたいと、11日間、1日として欠かす事なく病院の前まで来て、息子の事を気遣っていた事を知っていた。
 コロナ感染症で入院した患者は見舞客と会う事が出来ないが、病院関係者らはフランシスコ氏の姿に心を動かされ、ウーゴ氏が廊下を歩く際、1階(日本的にいう2階)の廊下と病棟前の地面の上と、距離を置いてではあるが、数分間、言葉を交わす事が出来るように配慮したのだ。

 息子の姿を見、言葉も交わしてホッとしたフランシスコ氏は、ウーゴ氏が退院するまでは毎日通い続けると約束。「家族は皆、何をしたらいいのかわからず、不安に駆られている。でも、全てを神に感謝しなくては。皆、1日も早い回復と自宅に戻って来る事、しっかりと抱擁を交わす事だけを願って待っている」と語った。
 コロナとの戦いは、既に回復した人にとっても心揺すぶられる経験だ。僅か10歳で感染した上に、当時は市内の病院に病床がなかったため、パルマス市から州北部のアラグアイナ市に移送されたタリッタ・ドス・サントスちゃんと母親のジスレネ氏は、当時の事を思い出し、現在は共に過ごせている事を考えると、涙を禁じ得ないという。
 ジスレネ氏は改めて、「この病気は年寄りだけを苦しめ、殺すのではない。誰もが感染しないよう、細心の注意を払う必要がある」と呼びかけている。
 トカンチンス州では1日で、同州で最初の感染者が確認されてから200日を数えた。1日現在の同州の感染者は6万8606人、死者は948人だ。この内5万2208人は既に回復したが、1万5450人は、治療中か自宅隔離中だ。(1日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]