ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》国民を危険に晒す大統領の強がり

《記者コラム》国民を危険に晒す大統領の強がり

回復前なのに退院し、ヘリに乗り込むトランプ氏(6日付ジアリオ・デ・ノチシアの記事の一部)

回復前なのに退院し、ヘリに乗り込むトランプ氏(6日付ジアリオ・デ・ノチシアの記事の一部)

 トランプ米大統領の新型コロナ感染報道以後、色々と考えさせられる出来事が続いている。
 トランプ氏は軍病院に4日間入院後、ホワイトハウスに戻った。入院前は、陽性反応が出た事を知りながら「結果が出るのは明日」と言って活動を継続し、入院前に酸素吸入を受けた事も隠していた。また、回復前なのに、感染者が増えているホワイトハウスに戻った上、マスクも外して、「大丈夫」と強がった。
 大統領選前だから15日の討論会には出席すると言う同氏に対し、バイデン候補は「安全性確認後に参加を決める」との意向を表明している。
 トランプ氏がマスク着用などの予防策を軽視してクロロキンに固執していた事、コロナ感染症を単なる風邪と語っていた事、隔離を嫌い、人が集まるような状況を作りたがっていた事などの、感染拡大を回避すべき責任を忘れた態度は、ボルソナロ大統領とも重なる。
 トランプ氏がコロナ感染症を単なる風邪とみなす発言をしたのは、「国民に衝撃を与えたくなかったから」と本人が語ったという。だが、それは同氏が以前、ボルソナロ氏の行動を懸念し、「米国民の大量死を防いだ」と語った事同様、コロナの怖さをある程度自覚していた証拠だ。
 それなのに、退院後すぐ、自分は大丈夫だと強がり、「コロナを怖がらず、外に出よ」というのは、自分の立場や影響力を忘れ、国民を危険に晒す行動に他ならない。
 米国とブラジルの感染者や死者がダントツに多い事や、連邦直轄区の感染率が医療崩壊も起きたロライマ州に次ぐ100万人あたり6万5264人という群を抜く高さである事と、マスクもせずに動き回り、人ごみを作り出す行動を好む大統領達の言動が結びついてしまうのはコラム子のみ?(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]