ホーム | 日系社会ニュース | アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<3>

アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<3>

ラムさんとリタさん

ラムさんとリタさん

若い結婚と遠距離夫婦生活

 「ブラジルに来てから一度も帰国していません。妻や娘とは7年間離れて暮らしています」と話すガネッシュさん(連載第2回参照)。ネパールで19歳の時に4歳年下の妻と結婚し、長男と長女が誕生。以後、アジア各国で働き、夫婦で離れて暮らす年月は少なくなかった。
 妻子はガネッシュさんの両親と暮らし、生活に困ったことや寂しさに耐えられないという状況に陥ったことはないという。今年1月に長男(24歳)はブラジルに来て一緒に生活することになった。
 ネパールでは恋愛関係となった男女は結婚するという意識が高く、若者は早婚になるケースも多い。
 しかし、産業の乏しいネパールでは、やる気のある若者は外貨を稼ぐために国外を目指す。若い既婚男性で幼い子どものいる場合、妻子はネパールで暮らし、数年間離れて暮らすケースも珍しくない。
 「今は一緒に暮らせて幸せです」と初々しい笑顔を見せるのはリタ・クマリ・ゴレさん(37歳)。ブラジルで夫がビザを取得できるのを待ち、子どもたちも小さかったことから、5年間夫婦でネパールとブラジルに離れて暮らしていた。
 リタさんはネパールのジャナクプール出身で、同郷の夫ガネッシュ・ラムさん(41歳)とは16歳の時に結婚し、現在、18歳、14歳、8歳の息子がいる。ブラジルで暮らし続けるラムさんを追って、2018年に長男と2人でブラジルに渡った。
 ネパールではラムさんの親兄弟と一緒に暮らし、幼稚園児にネパール語を教える教師をしていた。次男、三男は今もネパールにいる。
 長男はサンパウロに来て3カ月間ポルトガル語の特別授業を受け、リベルダーデ地区の私立大学に入学し、土木工学を勉強することになった。
 「長男はそれほどブラジルに興味はありませんでしたが、両親の側で勉強した方が良いと思い、ここで学校に通わせることにしました」と話すラムさん。
 今年一月には一旦休学してネパールに戻り、1、2年後に再びブラジルに戻る予定でいる。ネパールとブラジルの時差は9時間。ブラジルで仕事を終えて一息つく頃がネパールでは起床時間で、毎日親子でビデオ通話するのが日課となっている。

世界中、仕事や人生に大差ない

『ジャヤ・ガネッシュ』の店頭

『ジャヤ・ガネッシュ』の店頭

 現在、ラムさんは2018年にオープンしたインドとネパールの衣料品販売店『ジャヤ・ガネッシュ』(Av. Brigadeiro Luiz Antonio, 2173-Box 59)を経営している。
 2014年に観光ビザでブラジルに入国し、期限が切れる時期に合わせてサンパウロの連邦警察で永住ビザを申請し、プロトコロを得て労働手帳を取得。すぐにブラス地区のインドの衣料品卸会社で働き始めた。
 4年後には正式なRNE(外国人登録証)が発行され、リタさんも新移民法に基づいて書類を作成し、2019年にRNMを取得した。手続きには公選弁護人が無料でサポートしてくれた。
 「色々な国を調べ、ブラジルは落ち着いて仕事ができる場所だと思いました」と言うラムさん。最初の会社で2年働いた後は、パウリスタ大通りのギャラリーボックスで自分の店を営業しながらサンパウロ市内各地のフェイラで衣料品を売り歩いた。
 当時は、旅行カバンいっぱいに商品を詰め込み、ウーバーでフェイラまで向かった。これまで仕事の最中に2回、カバンごと商品を盗まれ、携帯電話は5回盗まれたと話す。
 「ブラス地区ではよくある話なので」とトラブルもさらりと受け流す。
 ブラジルに来る前にはクウェートで2年間ファーストフード店バーガーキングで働き、帰国後はチーズやヨーグルトなど、乳製品を製造販売する個人事業主として働いていた。
 「世界中どこにいても仕事や人生に大差はないです」と、最初こそポルトガル語の壁にぶつかったが、他のネパール出身の人々同様、ブラジル生活に特に悩みや不満を感じたことはない。
 パンデミックにより営業再開後も売り上げは15%ほど落ちたが、商売は浮き沈みがあるものと心得、慌てることはない。サンパウロの生活はとても気に入っており、ブラジルに住み続けながらネパールへは家族や友人を訪問できる生活スタイルを築きたいと思っている。今は子どもが立派に育つことが一番の夢だ。(続き)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引2020年10月21日 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引  世界中で持続可能性(サステナビリティ)を重視した車の製造が進められているが、ブラジルではトラック業界がこの分野をけん引している。  2年間のテスト期間を経て、21年3月から電気トラックを製造し始めるのはフォルクスワーゲンのトラック・バス部門(VWCO)だ。リオ州レゼ […]
  • 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る2020年10月21日 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る  ブラジルでの殺人事件発生率は2019年に過去10年間で最低を記録したが、コロナ禍の今年上半期は逆に増え、10分間で1人が殺されたと19日付現地紙が報じた。  18日に開かれた全国治安フォーラムによると、1~6月は人口100万人あたり25・712人が殺人事件の犠牲とな […]
  • 《ブラジル》最高裁新判事=学歴詐称疑惑は不問で上院承認へ=LJ作戦に否定的立場の候補2020年10月21日 《ブラジル》最高裁新判事=学歴詐称疑惑は不問で上院承認へ=LJ作戦に否定的立場の候補  21日に上院で、最高裁新判事に指名されているカシオ・ヌーネス・マルケス氏の口頭試問(サバチーナ)が行われるが、すでに上院憲政委員会(CCJ)のメンバーの過半数の支持を得て、承認は確実視されていると、20日付現地紙が報じている。  最高裁判事に承認されるためには、CC […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?2020年10月21日 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?  高等教育機関メンテナンス担当者の組合(Semesp)によると、今年上半期の授業料滞納者は全体の11%に上り、昨年同期比で29・9%増えた。また、中途退学者や休学者も14%増えたと19日付現地紙、サイトが報じた。  Semespのデータは全国53の高等教育機関を対象に […]
  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]