fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 文協=ブタンタン研究所に桜120本=来年120周年記念して植樹

文協=ブタンタン研究所に桜120本=来年120周年記念して植樹

植樹の様子。右からサトウ氏、水本氏、山村氏、パドゥア氏(文協サイトより)

植樹の様子。右からサトウ氏、水本氏、山村氏、パドゥア氏(文協サイトより)

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は9月21日(月)、春の始まりを告げる「木の日」(Dia da Árvore)と、来年ブタンタン研究所が120周年を迎えることを記念して、同研究所に120本の桜を寄贈した。当日は研究所の役員や従業員含め50人が参加。
 植樹式典にはブタンタン財団ルイ・クリ理事長や同研究所最高責任者ディマス・タデウ・コバス所長、ギルヘルメ・ゲデス・デ・パドゥア博士、サトウ・レイナルド・ノボル局長などの役員も出席。
 文協からは水本セルソ常任理事や山村シルビオ国士館センター運営委員長が出席した。
 同研究所のディマス・コバス所長は「翌年の120年に向けてのお祝いを非常に象徴的な方法で開始できました」と寄贈への謝辞を述べた。「私たちの慣れ親しんだこの場所が美しくなるでしょう」と加えた。
 ブタンタン財団のルイ・クリ会長も「私たちの施設には広大な緑地と緑がありますが、桜並木は自然を愛するすべての人の名所として親しまれることでしょう」とうなづいた。
 水本常任理事も「国内最大かつ120年の歴史を誇る研究所のお祝いとして、敷地内に日本の象徴・桜を植えられるのは日系コミュニティーとして大変光栄です」と喜びを表した。
 同研究所の敷地内80ヘクタールのうち60%は緑に覆われており、樹齢100年以上の木や絶滅危惧種に分類される希少樹種のほか、オーストラリア原産の樹木ブニャブニャ(和名ヒロノハナンヨウスギ)やアジア原産種のゴムの木など多様な種が混生している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》Ibamaが消防士を火災現場に戻す=経済省からの資金解放の約束受け2020年10月24日 《ブラジル》Ibamaが消防士を火災現場に戻す=経済省からの資金解放の約束受け  【既報関連】21日に全国で活動中の消防士達に基地帰還を命じた国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)が、22日に現場復帰を命じたと23日付現地紙サイトが報じた。  消防士への帰還命令は活動資金の枯渇と負債の累積が直接的な理由で、リカルド・サレス環境相も21日に、Ibama […]
  • 《ブラジル》来年初頭満期の国債が例年の2倍=更なる債券発行で返済?=改革進まずコロナ対策費かさむ2020年10月17日 《ブラジル》来年初頭満期の国債が例年の2倍=更なる債券発行で返済?=改革進まずコロナ対策費かさむ  【既報関連】今年の公的債務は昨年より11・9%ポイント増え、国内総生産(GDP)の101・4%に達するとの予想が出ている中、来年1~4月に満期を迎える国債が6432億レアルもあり、財務局が返済で頭を悩していると16日付現地紙が報じた。  来年早々に満期を迎える債務の […]
  • 《ブラジル》米国と貿易促進取り決め=手続き簡素化や汚職防止で=FTA締結にはほど遠く2020年10月17日 《ブラジル》米国と貿易促進取り決め=手続き簡素化や汚職防止で=FTA締結にはほど遠く  米国の大統領選挙まで2週間あまりというタイミングの19日、ブラジルと米国は両国間の貿易を促進し、煩雑な官僚的手続きの簡素化に向けた一連の取り決めに署名するはずだと16日付エスタード紙が報じた。経済分野の情報筋によると、この協定には、貿易円滑化、優れた規制の慣行、汚職防 […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]