ホーム | 日系社会ニュース | 南東軍司令部で鯉放流式=大将が異例の日本語スピーチ

南東軍司令部で鯉放流式=大将が異例の日本語スピーチ

ヒロセ少将、桑名総領事、フェルナンデス陸軍司令官、金井茂樹一等陸佐

ヒロセ少将、桑名総領事、フェルナンデス陸軍司令官、金井茂樹一等陸佐

 リベルダーデ友好協会(平崎靖之会長)は10月7日、錦鯉12匹の放生式をサンパウロ市内のブラジル陸軍南東軍司令部(エドゥアルド・アントニオ・フェルナンデス総司令官)で行った。
 桑名良輔在サンパウロ日本国総領事や日本大使館の防衛駐在官として新たに赴任した金井茂樹一等陸佐(44、熊本県出身)も出席し、普段はカンピーナスを管轄する第11歩兵旅団を率いるエジソン・マサユキ・ヒロシ陸軍少将も駆けつけた。
 式典ではフェルナンデス総司令官が、異例なことに日本語スピーチに挑戦した。鯉が目出度い「出世魚」である事や、平和の象徴である事に触れて祝辞を述べ「ようこそおいで下さいました」と歓迎し、友好を示した。
その原案は、広島文化センターの村上佳和(よしかず)副会長が作成した。
 錦鯉はブラジル錦鯉愛好会の伊藤誠施(せいじ)会長が寄贈したもので、以前から錦鯉の放生式は「ブラジル陸軍と日系社会の友好の証」として開催され、今回で4回目を数える。
 日系団体からはリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長、ブラジル日本都道府県人会連合会・市川利雄会長、下本八郎元サンパウロ州議、ブラジル熊本県文化交流協会・清原健児会長らも参加した。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄2021年2月27日 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。  連邦警察と軍警が共同で行っていた車両検査で引っ掛かったのは、40歳の男性が運転していたトラックだ。最初の検査では […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も2021年2月27日 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料 […]