ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mostra.org/)とドライヴイン・シアターを利用したものとなる。サンパウロ市では、今月10日から映画館の運営が許可されているが、やはり制限つきの運営と市民の恐怖感情の前に、通常通りの映画館での開催は諦めざるを得なかったよう。それでも、全世界から198本もの映画が集められたのは貴重だし、毎年起こる人気作でのチケット争奪戦が避けられる分、今年はある意味で楽か。開催されるだけでも嬉しいので、うまくいってほしいところ。開催は11月4日まで。
     ◎
 21日、アロルデ・デ・オリヴェイラ上院議員(社会民主党・PSD)が、コロナ感染症に伴う多臓器不全を起こし、入院先のリオの病院で亡くなった。83歳だった。同氏は1984年から下議を9期務めた後、2019年から上議となっていた。現職の連邦議員では初めてのコロナの犠牲者だ。アロルデ氏は福音派・保守派の議員として有名。コロナに関しても、4月に外出自粛に反対する発言を行って話題となっていたが、自らが犠牲となった。
     ◎
 21日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスのガブリエル・ベロンは対ティグレ戦でゴールを決めた。これはパルメイラスの選手が同杯で決めた最年少得点となった。彼の年齢は18歳1カ月と19日。これまでの記録は、ガブリエル・ジェズスが2016年に記録した18歳10カ月と13日。将来に期待したくなる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月25日 東西南北  ボルソナロ大統領が社会自由党(PSL)を離党し「政党なし」となって1年以上が経過。その間、目指していたはずの市長選にも参加できず、政党実績がないままに2年後の大統領選に臨まねばならなくなった。23日に報じられたところによると、ボルソナロ氏の新党「ブラジル同盟」は現在も結党に必 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]
  • 東西南北2020年11月21日 東西南北  20日は「黒人の意識高揚の日」で、通常ならサンパウロ市も休日だ。でも今年はコロナ禍対策として、5月に休日を前倒しし3連休の「フェリアドン」を実施したため、今回は休日ではない。だが、それで黒人を祝うことをしないのかというと、そうではない。現地紙やサイトがこの日にもっとも紙面を割 […]