ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》家屋販売が12・7%増加=需要増や資材不足で価格上昇

《サンパウロ市》家屋販売が12・7%増加=需要増や資材不足で価格上昇

 サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合(Secovi-SP)によると、サンパウロ市での新築家屋の販売は12カ月間で12・7%増えたと27日付現地紙が報じた。
 9月の販売軒数は5147軒で、新記録だった8月を18・9%下回った。だが、昨年同月よりは19・2%多く、売買が回復傾向にある事を印象付けた。12カ月間の販売軒数は4万9715軒で、その前の12カ月間より12・7%増えた。
 9月に売り出された新築家屋は6238軒で、8月よりは22・4%少ない。だが昨年9月と比べると40・4%多かった。12カ月間に売り出された新築家屋は5万6649軒で、その前の12カ月間より1・3%多い。
 Secoviでは、パンデミック後の回復基調は続いており、例外的な伸びを記録した8月こそ下回ったものの、十分な手ごたえがある9月だったと評価している。

 家屋販売が増えているのは金利が下がったためで、より長期のローンを組んで購入しようとする人や、投資ファンドなどでの儲けが減ったため、不動産購入に資金を振り替える投資家が増えたと見られている。
 不動産販売の回復の速さは、長年の経験のある建設業者らを驚かせている。業者の中には、予定していたプロジェクトを来年に延期したところもある。だがそれは需要減少が原因ではなく、土地購入や許可の取得、モデルルームの準備などが間に合わないからだという。
 パンデミック中の業界は、失業率の上昇や所得減少の中でも売れるように価格引き下げを考えていたが、現在は、資材不足などもあり、価格が上昇し始めたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄2021年2月27日 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。  連邦警察と軍警が共同で行っていた車両検査で引っ掛かったのは、40歳の男性が運転していたトラックだ。最初の検査では […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も2021年2月27日 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料 […]