fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》1千レアルの人工呼吸器=USPが開発、承認待ち

《ブラジル》1千レアルの人工呼吸器=USPが開発、承認待ち

USPが開発した人工呼吸器インスピレ(Divulgação/Poli-USP)

 新型コロナウイルスの感染拡大で人工呼吸器の需要が高まっているが、サンパウロ総合大学(USP)が、市場価格の15分の1という廉価な人工呼吸器を開発。現場での臨床試験を行った後、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を得るべく、準備を進めている。
 重症のコロナ感染症患者には必需品ともいえる人工呼吸器を少しでも迅速に、かつ廉価で調達したいと考える自治体が増えている中、USPが開発した人工呼吸器は、僅か2時間で製造出来る。しかも、製作費は市場価格の15分の1の1千レアルという優れものだ。
 17~19日には、USP付属クリニカス病院の心臓研究所(Incor)の患者4人による臨床試験も行われた。臨床技師によると、試作品は市販の人工呼吸器同様、全ての患者に問題なく使用出来たという。
 13~14日には動物での試験も行われ、正常に機能する事が確認されていた。臨床試験は国家調査倫理委員会の合意を得た上で、獣医学部と医学部の教授達の指導の下で行われた。
 新たな人工呼吸器の開発は、生物医学、工学、機械工学などの技師や研究者、学生、民間企業の代表者などが参加して行われた。臨床試験では、圧力や酸素の量などを患者に合わせて調整出来るかも確認された。
 ブラジルで使用されている人工呼吸器は輸入品が大半であるため、国内の企業が生産性を上げる事が出来るよう、国内で利用出来る技術と国内で調達出来る部品を最大限に使って作る事を心掛けたという。その結果、僅か2時間足らず、しかも1千レアルで製造可能な人工呼吸器が生まれた。
 人工呼吸器開発プロジェクトの責任者であるUSPのラウル・ゴンザレス・リマ教授によると、このプロジェクトでは、人工呼吸器に関するライセンスを公開。人工呼吸器そのものは、Anvisaが承認した企業によって製造される。
 新たに開発された人工呼吸器は緊急時も人の手を煩わさないよう配慮されており、近日中に臨床試験の結果を添えてAnvisaに送られる。また、Anvisaからの承認を得た時点で、民間企業が製造を開始する事になっている。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾2020年10月28日 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾  最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウ […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山2020年10月28日 こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山  社会福祉法人「こどものその」(小田セルジオ会長)は、11月8日に日本食のすき焼き販売「SUKIYAKI A MODA DO […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]