ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第78話

中島宏著『クリスト・レイ』第78話

 しかし、契約して来ている以上、今さら破棄することもできず、まして日本に帰ることすらできない。そこのところをどうしてくれるか、というのが人々の抗議であった。だが、上塚にしてみれば、単なるブラジル現地での代理人にすぎず、彼自身、何の権限も決定権も持っていなかった。怒り狂う移民の人々に対して、皇国殖民会社の立場の人間としてはただひたすら頭を下げてあやまるしかない。そして、彼はそれを実施した。
 すべてを一身に引き受けて、上塚は方々の農場を廻って、謝罪と説明を繰り返していった。のみでなく、彼は農場主たちと直接交渉することによって、雇用された人々の労働条件の改善や、賃金の交渉などを率先して行い、できるだけ彼ら移民たちの立場に立って、有利になるように努力を続けていった。
 その働きの誠実さと真剣さが認められて、やがて上塚周平は、次第に移民の人々の信用と支持を獲得し、彼を応援する人々が増えていった。上塚は、このような厳しい条件下でも、また自分の直接的な責任でなくても、決してそこから逃げることはなかった。その辺りが、他の現場の責任者たちとは違っていた。
 移民の人々と一緒に現場に入った通訳と称する人々の中には、通訳の仕事もろくにできず、交渉ごともまったく苦手で、逃げてしまうという輩も結構いたから、その点、上塚はかなり違った人物といえた。彼は、移民たちの苦労をそのまま自分のものとして感じ、考え、そして解決に奔走するというタイプの人間で、絶望の淵に立たされた人々にとって、上塚は誠に頼もしい、信用できる存在となっていった。

 そんな彼が、皇国殖民会社を複雑な事情のせいでやめた後、第二回移民以降は、竹村殖民商館の代理人となって、日本へ帰って引き続き移民事業に関わって行くのだが、結局これも種々な事情から、第五回の移民輸送をもって停止に至ってしまう。しかし、上塚周平はその後もブラジル移民のことが忘れられず、現地で移民の人々が、自営の形で農業ができることを目的とした植民地を創設できないものかと、つてを頼って奔走し、ようやく出資者の目途も立ち、実現に漕ぎ着けることになったのである。
 細かな経緯は省く。
 とにかく、上塚は様々な人たちの支持を取り付けることによって、理想でもあった念願の移民の人々のための植民地の創設に着手した。
 それが、ノロエステ線のプロミッソンにあるイタコロミー植民地の発端である。
 創設されたのは一九一八年であったが、実際に農作物の生産が始まったのは、翌年の一九一九年であった。ひとつの符号ではあるが、この年にあの平野植民地を創設した、平野運平が亡くなっている。明暗を分けるような話だが、悲運だったカフェランジアの平野植民地に比べて、このプロミッソンの上塚第一植民地は、すべてが順調に推移していった。
 もちろんそれは、簡単なことではなかったが、少なくとも平野植民地のような悲惨な結果に陥ることもなく、大きな不運に見舞われることもなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2007年8月15日 大耳小耳 2007年8月15日付け […]
  • 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる2020年10月8日 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる  法務省が6日、麻薬密売の摘発で押収した品の競売による収益が史上最高になったと発表した。  一例は、パラナ州での競売での410万レアルに上る売上だ。この金額は、昨年10月以降に同州で押収した品282点を競売して得たものだ。競売にかけられた282点には、乗用車やトラック、バイク […]
  • コラム 樹海2014年2月4日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月4日  1月半ばに右手首を骨折し、金属プレートを入れる手術を受けた。手術という言葉に最初は愕然としたコラム子も、2週間でリハビリ開始の許可が出て普通の骨折の半分と小躍り。リハビリそのものは順番待ちだが、引っ張っただけでは元の位置にはまらなかった骨に […]
  • ニッケイ歌壇 (498)=上妻博彦 選2015年10月16日 ニッケイ歌壇 (498)=上妻博彦 選 サンパウロ  梅崎 嘉明 電柱を巻きてサンジュオンの蔓は伸び天に向いて紅花をささぐ ああ今日も平凡にして一日過ぐ昨日と同じ食事を並べ 先妻を亡くし再婚の妻も逝き吾に永かり昭和のみ代は 落ちこぼれ短歌など詠みて詮(せん)もなし妻はあの世で笑っておらむ 実際の私の日々は何 […]
  • 今週末の催し2004年9月17日 今週末の催し 9月17日(金) 土曜日  アチバイア花といちご祭り、十八日、同市E・ザノニ公園。十九日日曜日が最終日。      □  日系画家十八人展、十八日、マツマラ・ホテル。二十四日まで。 […]