ホーム | 日系社会ニュース | ワッツアップ乗っ取り詐欺=ショートメールに要注意

ワッツアップ乗っ取り詐欺=ショートメールに要注意

 11月18日午後2時頃に邦人駐在員がワッツアップ乗っ取り被害にあったとして、在サンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)が注意喚起を呼びかけている。
 乗っ取りは被害者の携帯電話に見知らぬ携帯電話から「保健省とフォーリャ紙が共同で新型コロナウイルス感染症についてアンケートを取っている」と協力を仰ぐ電話がかかり、「体調は良好か、発熱は無いか、周囲にコロナ感染者はいないか」等の質問をされたという。
 質問に応じた直後に被害者の携帯電話にショートメールで6桁の確認番号通知があり、先方から同番号の教示要求に応じたところ被害者のワッツアップが乗っ取られ、アプリに登録されていた連絡先宛に金銭を要求するメールがポルトガル語で送信されたというもの。
 同事件に際し、在聖総領事館は注意と防犯対策を呼びかけている。対策については次の通り。
(1)当地でもコロナ関連を装う詐欺電話が発生していることを理解し、知らない番号からの電話には出ない。
(2)今回のケースは相手方がポルトガル語であるが、基本的には電話によるアンケート等には協力しない。
(3)協力した場合でも、ショートメールで送られてきた確認番号が何の番号なのか落ち着いて確認し、先方には絶対に教示しない。
 この「ショートメールによる確認番号の通知」は、第三者がアプリ等に不正ログインし暗証番号を変更しようとしたときに、本人確認のため送られるもの。
(4)アプリ内の2段階認証機能を活用し、個人識別セキュリティを強化する。

大耳小耳 関連コラム
    ◎
 在聖総領事館が注意喚起を呼びかけている事件はワッツアップの乗っ取り被害だが、こういった乗っ取りや不正ログインは他にもある。メールで実在の企業や銀行を名乗り、クレジット情報を抜き取ろうとする詐欺もある。怪しいときは、必ず送信元が本物かの確認を。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]