ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖夜前日の23日が仕事納めだった人も少なくないと思うが、それはサンパウロ州内の州立校も同様。コロナ禍で波乱に満ちた1学年を終えることとなった。ほとんどの生徒たちにとってはこれから1カ月強の休みに入るが、「授業数が足りていない」と思う学校は、1月4日から22日の間に25コマの補習が可能だ。5年生と9年生、高校3年生のように、受験を控えていたり、次の課程に進む前の準備が必要だったりする学年が対象となる。新学年の新学期は2月1日からで、そのときのコロナの状況と州の判断次第になるが、対面授業も拡大する可能性もある。生徒たちにとって今年は学校のカリキュラムが骨抜きにされただけでなく、友達にも思うように会えない悲しい年だった。事態の好転を願うばかりだ。
     ◎
 23日、サッカーのブラジル杯準決勝の第1試合が行われた。ポルト・アレグレでのグレミオ対サンパウロは、ジエゴ・ソウザが決めた1点を守りきったグレミオが1―0で勝利。サンパウロ市アリアンツ・パルケでのパルメイラス対アメリカMG戦は1―1の引き分けに終わった。準決勝第2試合は30日に行われる。サンパウロは本拠地モルンビで逆転し、パルメイラスは敵地ベロ・オリゾンテでの第2戦で勝って、決勝進出を決めたいところ。
     ◎
 今日25日からの3日間、サンパウロ州は外出規制レベルが1になる。これにより、食品類を扱う店と薬局以外は休みとなる。また、クリスマス期間中でもあるため、銀行などの公共機関も休みだ。医療機関は救急病院やAMAなどは概ね開いているものの、UBSや動物病院などは3日間休みなので注意が必要だ。フェイラ・リブレは25日、1日だけ休みで、それ以外は通常通り。感染を防ぐ意味でも、基本、家で過ごすのがベストだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]
  • 東西南北2020年12月23日 東西南北  22日午前6時のマルセロ・クリヴェラ・リオ市長の逮捕は衝撃を与えた。同市長には以前からこうした汚職の疑惑があり、「時間の問題」と見る向きも少なくはなかったが、年明けでなく、市長の任期がわずかばかり残っている今、あえて逮捕したことに意味深なものを感じている国民は少なくない。クリ […]
  • 東西南北2020年12月19日 東西南北  17日、ツイッター上を「ウクラニザ・ブラジル(ブラジルをウクライナにせよ)」とのハッシュタグが大量に立った。これは「新型コロナウイルスワクチンの義務化」を問う最高裁の審理で義務化を支持する判事が多数派になったことを受けて反対派が起こしたものだ。この言葉は今年の5月に「反最高裁 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]