ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》政権最大の問題は保健衛生=コロナ禍深刻化で数値上昇=ワクチン戦争で拍車がかかる

《ブラジル》政権最大の問題は保健衛生=コロナ禍深刻化で数値上昇=ワクチン戦争で拍車がかかる

ダッタフォーリャの調査結果を伝える26日付ア・タルデ紙の記事の一部

 ダッタフォーリャの最新調査によると、国民の27%は現政権最大の問題は保健衛生と考えている事がわかったと26、27日付伯字紙、サイトが報じた。6月は19%だったから、ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とのワクチン戦争や新型コロナの感染再拡大などで、新型コロナ対策は国の問題と考える人が増えたようだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ