ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日に行われた、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1試合。パルメイラスは敵地ブエノスアイレスでのリーヴェル・プレイト戦を、今大会絶好調のロニーや、エースのルイス・アドリアーノの得点などで3―0と快勝した。相手は一昨年優勝、昨年準優勝の強豪だけに苦戦も想定されたが、予想外の大勝となった。これで、12日に行われる本拠地アリアンツ・パルケでの第2戦は、勝ち負けに関係なく、最悪でも失点を2点以内に抑えれば、あるいは3点以上取られて負けても得点差が2点差以内ならば決勝に進出となる。パルメイラスが決勝進出となると、守護神マルコスの時代の2000年以来、20大会ぶり。楽しみになってきた。
     ◎
 4日夜、サンパウロ州ファルトゥーラの民家でガス爆発が発生。自殺未遂と思しき通報で現場に駆けつけていた軍警6人が巻き込まれて負傷した。爆発は、現場となった家に住む男性が妻と口論になって逆上し、ガソリン5リットルをまいた後、ガスボンベ三つのホースを切り、火を投じたことで起きた。軍警は6人中5人が現在も入院中で、1人は頭蓋骨挫傷の重傷も負っている。火をつけた容疑者は、裏庭から逃げて無傷だったが、逃亡後に捕まり、タクアリトゥーバ市の警察署に連行された。
     ◎
 同じく4日夜、大サンパウロ市圏内イタクァケセトゥーバで軍警のフェリペ・ムラカミ・シウヴァ氏(29)が自動車強盗に射殺された。同氏はこの日、恋人とモジ・ダス・クルゼス市内を車で走行中、3人組の強盗に囲まれ、人質となったが、イタクァケセトゥーバ市内の高速道に達したところで強盗に抵抗。格闘となって、頭を撃たれた。シウヴァ氏は救助されたが、助からなかった。恋人も頭部に被弾し、入院中だが、命には別条はないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月6日 東西南北  サンパウロ市では昨年12月29日も大雨が降ったが、その日以来、行方不明になったままの人がいる。ロザーナ・アウヴェス・ダ・シウヴァ・コレイラさんはこの日、夫のルシオさん(59)の車に同乗し、夫の職場がある南部カンポ・ベロから自宅に向かっていた。だがカルロス・カデイラ・フィーリョ […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]