ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に

《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に

在りし日のマグリアーノ氏(Divulgacao)

 サンパウロ証券取引所(Bovespa)の元社長、ライムンド・マグリアーノ・フィーリョ氏が11日、コロナウイルス感染症により、入院先のサンパウロ市アルバート・アインシュタイン病院で亡くなった。78歳だった。11日付伯字サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 東西南北2020年7月1日 東西南北  昨日付本欄でも報じた新教育相に指名されたカルロス・アルベルト・デコテッリ氏の学歴詐称疑惑に続報があった。まずはアルゼンチンのロザリオ大学とドイツのブッペルタール大学からの反論を受け、デコテッリ氏が履歴書から博士号の記載を外していた。その矢先に、国内のジェツリオ・ヴァルガス財団 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復2020年6月17日 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復  【既報関連】新型コロナウイルス蔓延のピーク越えか、第2の波の到来を招くかの分かれ目にある中、現段階ですら「経済の回復は他国より遅い」との見通しが発表されたと16日付現地紙が報じた。  16日夜の保健省発表による死者は1282人増(計4万5241人)、感染者数は3万4 […]
  • 《サンパウロ州》コロナ禍で教育現場に格差 遠隔授業受けられぬ生徒も2020年5月6日 《サンパウロ州》コロナ禍で教育現場に格差 遠隔授業受けられぬ生徒も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの学校で休校措置が採られたが、私立校は割りと早い時期から遠隔授業などを行っていたのに対し、公立校の生徒は遠隔授業にさえ参加できないなどの問題が出ていると5日付現地紙が報じた。  サンパウロ州の公立校生は、冬休みの前 […]
  • 11人が受勲の栄誉に輝く=コロナ吹き飛ばす春の叙勲=芸術、政治、経済など多分野で2020年4月29日 11人が受勲の栄誉に輝く=コロナ吹き飛ばす春の叙勲=芸術、政治、経済など多分野で  「今回の叙勲の受賞を、心の底から嬉しく思います。それと同時に、今まで以上に日伯間の交流と発展に貢献できるよう、より一層励まねばと感じております」――春の叙勲を受勲した一人、飯星ワルテル氏は電話取材に応じて、そう丁寧に、嬉しそうに答えた。日本政府は4月29日、2020年(令和2 […]