ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩かれ続けた。パネラッソは昨年の3〜4月頃に大統領がコロナウイルス対策を行わず、反民主主義デモを煽っていた頃に頻繁に行われた。しばらくは鎮静化していたが、酸素が尽き、人工呼吸器が使えなくなるほどの医療崩壊がマナウス市で起きたことなどが報じられて再燃。大統領の責任を問い、罷免を求める動きも活性化している。大統領にさらなる試練か。
     ◎
 16日午後、サンパウロ州プライア・グランデで、恋人同士の喧嘩で女性が男性を殺す事件が起きた。二人はこの日、海に泳ぎに行き、家に戻ったが、男性が門の鍵をなくしたため、口論となったという。この際、男性が頭を殴ったため、女性が男性を突き飛ばしたところ、男性が倒れて床に頭を強打して死亡した。女性は過失致死の容疑で逮捕された。男性による女性への暴力的殺害の事件が一般的だが、その逆の事件も目立たないながら起きている。
     ◎
 16日、サッカー全国選手権で2部に落ちていた名門クルゼイロが、1部昇格基準の4位以内に入れないことが決定し、来季も2部のままとなった。いわゆる「国内12強」とも呼ばれる名門チームの中で、2部落ちして1年で1部に復帰できなかったチームは、1971年の同選手権開始からわずか2例目の不名誉。来季ははいあがれるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 日本国大使館=「新しい未来で会いましょう」=オンラインで天皇誕生祝賀会=大統領、ジーコ、藤井裕子さんも2021年2月25日 日本国大使館=「新しい未来で会いましょう」=オンラインで天皇誕生祝賀会=大統領、ジーコ、藤井裕子さんも  駐ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)は23日(火)午後7時から、天皇誕生日に合わせて制作された祝賀会の動画を、同館のフェイスブックやユーチューブ上で配信した。約1時間の映像は、「新しい未来で会いましょう(juntos em um Novo […]
  • 東西南北2021年2月24日 東西南北  サンパウロ州政府は22日に会見を開き、失業中の労働者に対する職能訓練プログラム「フレンテ・デ・トラバーリョ」を「ボルサ・トラバーリョ」に改正すると発表した。それによると、従来は月330レアルだった補助金が450レアルに上がり、計5回支払われることになるという。対象は7万人で、 […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]