ホーム | 日系社会ニュース | GB連合=総会で萩尾会長が続投=感染防止のため屋外で開催=コロナ禍でも工夫し活動継続

GB連合=総会で萩尾会長が続投=感染防止のため屋外で開催=コロナ禍でも工夫し活動継続

総会の様子

総会の様子

 ブラジルゲートボール連合(UCGB、萩尾勝巳ジュリオ会長)は10日午前9時に「第38回定期総会」を、サンパウロ市南部ヴィラ・グアラニー区にある連合コートで開催した。高齢者が多いこともあり、コロナ禍による感染防止に気をつけて、屋根がある野外観客席で特別に開催した。 萩尾会長は挨拶で「昨2020年はパンデミックに見舞われましたが、その中でも理事会は働き続け同連合は1年停まる事なく活動することができた」とこの一年を総括した。


 総会は例年、宮城県人会館で開催されていた。今年はコロナ禍のため市のプロトコール(規定)に従い、感染拡大防止のため屋根がある屋外コートに、間隔を1メートルずつあけて椅子を並べて会員40人程が集まった。サンパウロ州各地のほか、南麻州ドウラードスなどの他州からも支部代表らが集まった。

挨拶する萩尾会長

挨拶する萩尾会長

 20年の事業報告からは、フェイスブックやインスタグラム、ユーチューブといったSNSを活用してのゲートボール普及やバーチャル講座を開催して、コロナ禍でも意欲的な活動を行っていた様子だ。
 新たにA・Bリーグ制に昇級・降格システムを採用。毎年開催される大会でBクラスの上位4チームを昇級し、Aクラス16チーム中下位4チームをBクラスに降格するシステムでスポーツ性を高め活性化を目指している。
 昨年度会計は、収入が28万2854・76レアル、支出が47万7897・82レアル。以前からの繰越金を加え、126万8716・83レアルとなった。今年予算は収入・支出共に36万6480レアルで承認された。
 昨年の審判資格取得者は3級が23人、2級が13人おり、2級合格者の名前が読み上げられた。

斎藤ジュオンさん

斎藤ジュオンさん

 ゴイアス州カウダス・ノヴァスにある太陽ホテル経営者、斎藤ジュオンさんと妻アケミさんも参加。今年12月4、5日にも太陽ホテルで「第21回全伯選抜GB選手大会」が予定されており、「21年は良くなるはずです。それぞれが健康に気を付けていきましょう」と励ましの言葉を投げかけた。
 このほか、21年から22年の役員改選が単一シャッパで行われ、新たな執行部、監査、評議会が会場の拍手により承認された。引き続き、萩尾会長の続投が決定した。
 UCGBの各SNSは次の通り
▼ユーチューブ(https://www.youtube.com/channel/UCONV3309NlxoZTmiWiVyWrw)
▼インスタグラム(ucgb_oficial)
▼フェイスブック(UCGB.Oficial)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]