ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■元移民史料館運営委員長=栗原猛氏

■訃報■元移民史料館運営委員長=栗原猛氏

栗原猛さん

栗原猛さん

 サンパウロ日本移民史料館運営委員長、サンパウロ人文科学研究所の理事及び日本支部長を務めた栗原猛さん(東京都出身)が、昨年12月24日午後7時40分に熊本県で敗血症のため亡くなっていた。行年78歳。
 栗原さんは一時帰国中の2016年、熊本県震災被災者へ支援物資を届けるため訪れた熊本県で、エスカレーターから転落して同県病院へ入院。事故の影響で運動麻痺等が残り、コロナ禍前までリハビリを続けていた。
 ブラジル日本文化福祉協会(文協)は1月13日に開催された理事会で追悼の時間が設け、故人の遺徳を偲んだ。日本ではコロナ禍終息を待って法要を開催予定だという。
 栗原さんは1965年にIHI(石川島播磨重工業)に就職。85年に石川島ブラジル造船所(ISHIBRAS)に赴任。九州支社や四国支社長をへてサンパウロ営業所長も歴任した。
 04年に文協の活動に参加。日本語文書の作成や日本機関との窓口、要人受け入れ体制を支え、会長顧問にも任命された。
 07年から11年にかけて日本移民史料館の運営委員長を務めた。中でも日本移民百周年の08年の折りには、記念式典ご出席のために来伯された徳仁皇太子殿下(当時)が史料館に足を運ばれた際、案内する大役もこなした。
 一方、人文研では2010年からサンパウロ本部で第二財務理事、12年から理事を歴任。同年に発足した日本支部では14年から日本支部理事長を務め、日本からの研究員派遣や日本での講演会に尽力した。
 日本移民百周年記念事業では日本語版「ブラジル日本移民百年史」の「産業編」コーディネーターや、『足跡プロジェクト(http://www.museubunkyo.org.br/ashiato/imigrantes/)』で日本移民データのデジタル化を進めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認2021年3月5日 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認  新型コロナ感染症による入院患者が新記録を更新し、集中治療室(UTI)占有率が高まる中、サンパウロ市の公立校教師達が対面授業の中止を求めている。  サンパウロ市公務員組合(Sindsep)によると、2月15日の対面授業再開以来、116校で生徒や教職員計335人が感染し […]
  • 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も2021年3月5日 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も  新型コロナは感染拡大が進み、3日は1日の死者が1910人(保健省統計)にまで増加した。新規感染者は保健省統計で7万1704人という多さで、米国を上回る世界1位だったと3~4日付現地紙、サイトが報じた。  保健省による3日現在の死者累計は25万9271人で、7日間の平 […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • サンパウロ州コロナ規制の限界2021年3月5日 サンパウロ州コロナ規制の限界 「おそらくこれがやれて精一杯だろう」。3日、サンパウロ州のコロナウイルスの最新の規制を聞いてコラム子はそう思った。 「全国での死者数過去最大を受けての、州全域を(規制最低の)赤レベル指定」。これは、いざ仕方のないことだ。このところ、テレビで連日、「コロナの感染者数、死 […]