ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》新両院議長「ワクチン重視」「構造改革実行」強調=大統領は「国民の命と雇用守る」トーン変化の影にセントロンか

《ブラジル》新両院議長「ワクチン重視」「構造改革実行」強調=大統領は「国民の命と雇用守る」トーン変化の影にセントロンか

3日の連邦議会開会式(Fabio Rodrigues Pozzebom)

 3日午後、アルトゥール・リラ下院議長(進歩党・PP)、ロドリゴ・パシェコ上院議長(民主党・DEM)を迎えての議会の開会式が行われた。ボルソナロ大統領は就任後初めてこの式に出席し、コロナワクチンのための費用確保を優先的に行うと宣言。午前中の会合で確認した両議長の思惑を反映した形の発言となった。また、ここでは「三権の協調性」や「議会内の平和」が議長らから求められた。4日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ