ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金=笹尾岳所長補佐が着任挨拶=「あちこちに足運びたい」

国際交流基金=笹尾岳所長補佐が着任挨拶=「あちこちに足運びたい」

笹尾岳所長補佐

笹尾岳所長補佐

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の所長補佐に笹尾岳(ささお・がく、32歳、福岡県)さんが着任するにあたり、挨拶のため2日に洲崎所長と共に来社した。
 笹尾さんは財務省主計局からの出向で、今回が初めての海外赴任地。「まだ日系社会について理解しきれていない事ばかりですが、出会った方とお仕事を通して、また個人的に呑みに行く等して親睦を深めていきたいです」との希望を語った。
 笹尾さんの財務省上司で、同日本文化センター元副所長でもある浦祐一さんから2年程前、「ブラジルは良い所だぞ」と何度も聞かされていたという。中でも「人が良く、子どもがいたら必ず手助けしてくれる」という言葉がブラジルの良いイメージとして強く残っていると振り返った。
 前任の髙間木翔所長補佐は昨年の4月5日に伯国内の新型コロナの感染拡大に伴い避難のため一時帰国し、6月20日には笹尾さんが後任を務める事が決定。しかし、コロナ禍により本部勤務による国内待機が続いていたという。
 昨年、新型コロナの感染者数が落着いてきた時期を見計らい、12月20日に来伯、着任した。
 「パンデミックが終ったら是非、あちこちに足を運びたいです」と力強く頷く。担当するオンライン映画事業『JFF Pulsオンラインフェスティバル』についても「リアル映画祭など各地で展開していきたい」と意気込んだ。

 

大耳小耳 関連コラム
    ◎
 笹尾岳所長補佐はブラジル到着後から年末年始にかけて自主隔離を行ったという。その間にさっそく、近くの店でブラジル産ビールを30種ほど購入して試飲し、写真と共に味わいや喉ごしなどを記録したという。「買った物には外国産も多かったので、ブラジル産ビールをもっと試してみたい」と既にグルメ振りを発揮。パンデミックにもめげず、ブラジル生活を満喫し始めている様子だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]