ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》道路の穴500個のペンキ=市役所に抗議、それでも大半直らず

《リオ市》道路の穴500個のペンキ=市役所に抗議、それでも大半直らず

チジュッカ区の道路の穴をペンキで囲むメネゼス氏(8日付G1サイトの記事の一部)

 リオ市北部のチジュッカ区に住むカルロス・エドゥアルド・メネゼス氏が、道路の穴を目立たせるため、黄色いペンキで穴の周りを囲むという、静かな抗議行動を続けている。
 この抗議行動は、メネゼス氏自身が車のサスペンションの修理に5千レアルを費やす必要が生じたのに、市役所に苦情を言っても何もしてくれないとして始められた。
 市役所に地域の実情を知ってもらうと共に、同様の事故で泣く人を減らしたい願いで1月の終わりに始めた活動は、週2回、黄色いペンキとローラーを持って出かけ、穴やひび、段差などにマークを付けている。10日余りでつけたマークは500個に達した。極端な例はアンドラーデ・ネヴェス街で、1キロ足らずの区域に125個の穴があったという。

 活動開始後、数日したら市役所の人が来て、いくつかの穴は塞いだが、排水溝があってできた段差などはそのままだ。同地区に住む男性は、ベネゼス氏が付けたマークを避けて運転するようにしているが、それでも何度か穴に落ちたという。
 メネゼス氏は既に50リットルのペンキを使ったが、「行けるところまで行く」と明言する。
 市の担当者は、1月は同市北部だけで811カ所の穴を塞いだし、作業は継続中と話している。また、アンドラーデ・ネヴェス街の段差については、現地を視察した上で同地区の担当業者と連絡をとり、段差を修復するが、穴を塞ぐ作業は市役所の担当だから、市が必要な措置を行うという。(8日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》違法ショーで人気歌手ベロを逮捕=変異株拡大中なのに闇カーニバル?2021年2月19日 《リオ市》違法ショーで人気歌手ベロを逮捕=変異株拡大中なのに闇カーニバル?  カーニバルの期間中に行われた非合法の集客イベントに対し、リオ州警察が捜査や取り締まりを続けており、人気歌手のベロが逮捕される一幕なども見られた。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  今年のカーニバルは15日から17日の予定だったが、コロナ禍により、例年同様の […]
  • 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒2021年2月16日 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒  新型コロナの感染再拡大でカーニバルの期間中も3密を避けるように指示している自治体が多い。その一つリオ市では、12日夜から14日未明までの2晩で14軒の店が営業停止処分を受けた。  例年ならカーニバル直前の金曜日からは観光客やサンバを楽しむ市民で賑わう同市だが、今年は […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • 《ブラジル》年末年始 サントス周辺で砂浜立入禁止=リオ市もコパカバーナ封鎖2020年12月25日 《ブラジル》年末年始 サントス周辺で砂浜立入禁止=リオ市もコパカバーナ封鎖  サンパウロ州のサントス海岸部(バイシャーダ・サンチスタ)やリオ市が、新型コロナの感染拡大を抑制するため、大晦日と元旦は海岸を閉鎖することを決めた。23日付現地紙サイトが報じている。  サンパウロ州政府は既に、12月25〜27日、1月1〜3日を外出自粛規制の赤レベル( […]
  • 《リオ市》クリヴェラ氏自宅軟禁に=携帯など押収後、電子足輪付で2020年12月25日 《リオ市》クリヴェラ氏自宅軟禁に=携帯など押収後、電子足輪付で  【既報関連】リオ市の観光公社リオトゥールを巡る汚職疑惑などで22日朝、逮捕されたリオ市長(停職中)のマルセロ・クリヴェラ容疑者が23日夜、刑務所を出て自宅軟禁に入ったと同日付現地サイトが報じた。  人身保護令適用は22日夜、ウンベルト・マルチンス連邦高等裁長官が認め […]