ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第118話

中島宏著『クリスト・レイ』第118話

 総合的に見ればしかし、このゴンザーガ区での農業は、何とか生計を立てていく程度の収入を確保することはできた。が、それ以上のものには、なかなかなり得なかった。それは、ひとつにはこの地区での平均した耕地面積が十分な広さを持たず、効率が悪かったことと、販売ルートが確立されていなかったために、思うような値段では作物が売れなかったことによるものであった。
 開拓初期の困難さはすでになくなっていたが、それでもこの地での農業が完全に安定して、持続した収益が上がるという理想的な形にはまだまだほど遠かった。
 アヤが説明したように、このゴンザーガ区の人々は、ほとんど全部が永住を目的としていたので、世間の動きが不穏な空気に包まれるようになっても、動揺するということにはならなかった。短期間に資金を稼いで日本に帰るという発想はもともとなかったから、農業の成績が思ったように上がらなくても、それによって急がなければならないという焦燥感のようなものは生まれてこなかった。いずれそのうちに、何とかなるだろうと考えつつ、彼らは現在ではなく、もっと先の時代に思いを馳せていた。
 もちろんそこには、間違いなく成功するという保証は何もなかったが、いつかはこの大地で、自分たちの蒔いた種が実を結ぶだろうと信じていた。その辺りが、いわゆる出稼ぎを目的とした人たちとは、違った形の思考を持っていたといえる。
 それらの隠れキリシタンの人々がまったく祖国を振り返ることなく、このブラジルという大地で終生、生き続けていくという動機はどこから生まれてくるものなのか。
 その辺りのことになると、表面的なものからだけではなかなか見えてこない。
 果たして、そういう考えが彼らの本心なのか、あるいはそれは、単に表向きの形のものに過ぎず、実際にはもっと他の理由があるのか。アヤの話ではひどく単純明快なもので、一つの信念を持つことによって、そこには何の迷いも、思考のブレもなさそうに見えるのだが、本当にそのようなことが可能なのかどうか。
 信仰の力は、それほど強いものなのかどうか。

 マルコスにとって、この問題は非常に興味のあるものだが、アヤに対してそこまで踏み込んだ話をすることに、ある種のためらいがあった。それは、彼自身が信仰というものをこれまで正面から考えることをしなかったこともあって、明快な答えを持っていないということにも繋がっていた。要するにそこには、どちらかというと宗教心の希薄な者が、信心深い者に対してどのようなアプローチをしたらいいのか、その道筋が見えてこないというような雰囲気があった。
 が、しかし、アヤとの交際が深まっていくにつれて、マルコスはそこを理解したいという衝動にかられていった。これが、ただの軽い付き合い程度であれば、そこまでの議論には届かないし、そのような必要性もまったくないのだが、幸か不幸か、マルコスとアヤの交際は、いつの間にかもっと奥深い、真剣味を伴うものになっていたから、どうしてもそこを越えなければならないという所まで来ていた。
 少なくともマルコスは、ややオーバーにいってしまえば、切羽詰ったという感じさえ持つようになった。
 それは何の為なんだ。アヤの信念の内側を覗き込んで、そこからお前は何を引き出そうとしているのか。そこに、お前にとってはどんな意味があるというのだ。
 マルコスはそう自問自答するのだが、それに対する明快な答えはない。答えはないものの、そこから引き返してしまおうという考えもない。なぜだか分からないが、彼は、その壁を越えなければ、そのことを一生悔いることになるのではないかというふうに考えている。躊躇しつつ、迷いつつ、彼はアヤとの込み入った議論にあえて挑戦していく。

 この頃から、二人の会話はポルトガル語に変わった。
 外国人への風当たりが強くなりつつあったことと、日本語学校が閉鎖され、外国語の使用に対する規制も行われるといううわさも流れ始めるに及んで、二人はどちらともなく日本語で話すのを控え、会話は自然な形でポルトガル語へ移っていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要2017年6月20日 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着し、日本人移民がブラジルの地を踏んでから109年―。今年も「移民の日」を迎え、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(佐々木良法エドアルド会長)共催による『開拓先亡者追悼法要』が、18日午後2時から文協大講堂で開催 […]
  • 援協がお見合い会=申し込み7日まで2013年10月24日 援協がお見合い会=申し込み7日まで ニッケイ新聞 2013年10月24日  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は「第46回お見合い会」を11月10日午前9時から、同協会(Rua Fagundes, 121, Liberdade)で開く。参加費は会員80レアル、一般90レ。申し込みは同月7日まで。 […]
  • 大耳小耳2013年2月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月27日 […]
  • 大耳小耳2014年9月11日 大耳小耳  山田勇次ジャナウーバ市長は、稲盛哲学のポ語の本を300冊購入して、市職員を中心に配布し、その考え方を市運営に広く役立たせるという試みを始めているという。日本では6月21日にテレビ番組『海を越えた侍たち(藤岡弘、がブラジルで見つけた日本人の心)』で、藤岡さんが話を聞きながら […]
  • 「コンフェデ杯に影響ない」=FIFA会長らが不快感2013年6月29日 「コンフェデ杯に影響ない」=FIFA会長らが不快感 ニッケイ新聞 2013年6月19日  「ネイマール、コッパは横領する(roubar)のためにあるんだぜ!」—。17日に起きたフォルタレーザでのデモ中、セレソンが宿泊するホテル前に集まった人々は冒頭のように叫んだ。同日は複数の都市でコンフェデ杯やW杯に対する抗議の声が上がったが、 […]