ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じられたが、12日に息絶えた。マリアさんはセイランジアのソウ・ナセンテの住人だが、この地域は連邦直轄区でも有名なファヴェーラもある地域で、マリアさん自身も1997年に麻薬密売で逮捕されたことがあると昨年報じられた。ボウソナロ一族とはかねてから親密な印象はなかったが、この件についての発言などはあるか。
     ◎
 外出緩和が本格化してショッピング・センターが再開した7月、サンパウロ市では携帯電話の窃盗が60%上昇したという。外出自粛政策が取られたことで4月は、前月比30%減となり、その後も落ちた状態だった。だが規制緩和になったことで、再び上がってきた。窃盗が最も増えた地域は南部グラジャウーで、カッポン・レドンド(南部)、イタイン・パウリスタ(東部)、レプブリカ(セントロ)、ジャルジン・アンジェラ(南部)で上昇が目立つという。気を引き締めたいところ。
     ◎
 サンパウロ市は17日から、南部サントアマーロに、市内では3つめとなる公立の動物病院の運営をはじめる。北部トゥクルヴィや東部タトゥアペーの病院は1日につき350匹の動物の受付が可能なところ、この新病院は200匹という規模だが、地域的に他の2病院に通うのが難しかった人には朗報か。ただし、人間向けの病院増設もお忘れなく。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]
  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]