ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》夫は別人になりすました強盗殺人犯=3年前に結婚した妻はショック状態に=検問で12年間のウソ判明

《ブラジル》夫は別人になりすました強盗殺人犯=3年前に結婚した妻はショック状態に=検問で12年間のウソ判明

偽名を使って12年間逃亡中の犯人逮捕と報じる10日付G1サイトの記事の一部

 ブラジル南東部のミナス・ジェライス州で10日午後、12年前に刑務所を脱走後、同年代の甥になりすまして警察の目を逃れただけでなく、結婚までしていた強盗殺人犯が捕まった。
 偽名を使って逃亡生活を続けていた強盗殺人犯逮捕は、同州州都ベロ・オリゾンテ大都市圏にあるイガラペ市に設けられた国道381号線での検問がきっかけだ。
 連邦道路警察官は通常通りの検問を行っていたが、同州北部ジャナウーバ市からサンパウロ州海岸部のイタニャエン市に向かう車を運転していた38歳の男性が提示した身分証明書は、同年代の甥の名前を使った偽物である事が判明した。
 男性が偽名を使っていた事は、同乗していた妻を驚かせるのに十分だったが、照合の結果、さらに衝撃の事実が判明。男性は強盗殺人で有罪となり、服役中だったが刑務所を脱走、12年間も逃亡生活を続けていたというのだ。

 脱走事件が起きたのは2009年。以後、甥になりすまして警察の目を逃れ、サンパウロ州に移り住んだ。そこで知り合った妻とは3年前に結婚したが、本名や素性は隠したままだった。
 今回はミナス州に住んでいる男性の親戚を訪ねた帰り道で、犯罪者だった事や騙され続けていた事を知った上、帰宅途中で夫が逮捕され、一人で放り出された状態となった妻は、ショック状態に陥った。
親戚はいつも男性をあだ名で呼んでいたため、偽名を使っていた事には気づく由もなかったという。
 男性は逮捕後に連邦警察署に連行されたが、従来の罪状の強盗殺人罪と脱走に、公文書偽造の罪も加わった。(10日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて2021年6月15日 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて  世界献血者デーの14日、保健省が献血キャンペーンを開始したと14日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  今回のキャンペーンのモットーは、「定期的に献血しよう―皆が一つになれば命が全うできる」で、一人でも多くの人達が定期的に献血を行うように呼び掛けるものとなった。 […]
  • 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう2021年6月15日 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう  ボルソナロ大統領は12日、マスクも着用せずに1万2千人の支持者を引き連れ、サンパウロ市などでバイク行進デモ「モトシアッタ」を行った。今回のモトシアッタには、最高裁から捜査命令が出されているリカルド・サレス環境相も参加し、物議を醸した。13、14日付現地紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し2021年6月15日 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し  新型コロナの感染第3波への懸念が広がる中、感染学上の第23週(6月6~12日)は感染者と死者が共に前週より増え、保健省も死者増加との見通しを示した。  死者増加は、感染者増や入院患者増、集中治療室の占有率上昇から予想されていた。  ケイロガ保健相は8日、上院コロナ […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]