ホーム | 日系社会ニュース | ■ヒト街点描■東洋街のレストラン「ゆず」が閉店

■ヒト街点描■東洋街のレストラン「ゆず」が閉店

フェイスブックに投稿された閉店のご挨拶画像

フェイスブックに投稿された閉店のご挨拶画像

 サンパウロ州政府の外出自粛令によって一番経営が圧迫されているのは、飲食店ではなかろうか。サンパウロ市の飲食店は昨年8月時点で1万2千軒が閉業したと言われる中、リベルダーデ区でも老舗レストラン「やまもと」「千代(せんだい)」が閉店していた。
 そんな中、トマス・ゴンザガ街にあるレストラン「ゆず」もフェイスブックに16日付けで「長年、お客様に支えていただきありがとうございました」との閉店を告げる投稿をした。
 今週初めに閉店した模様。コロナ禍による営業時短の打撃を受けたようだ。18日午前で店に行ってみると、扉は堅く閉められており、どこか寂しげな様子だった。

完全に閉められた扉

完全に閉められた扉

 この店の前身は、青森県出身の和田弘美さんが1977年に創立した「焼き鳥 ごんべ」。ブラジルで初めて本格的に焼き鳥を始めた店で、聖市和食店の中でも老舗として有名だったが、11年12月に閉店。12年から「ゆず」になっていた。
 この店によく行っていたフルノ・マサヨシさんは「いい店だっただけに悲しい。また一つリベルダーデの名店が閉じてしまった」と悲観した。
 一刻も早くこの災禍が終息し、飲食店への締め付けがなくなって、にぎやかさが戻ることを願うばかりだ。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]