ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日のフォーリャ紙のサイト(https://www.folha.uol.com.br/)は、トップ記事が同紙100周年を祝う特別仕様になっていた。「100年の歴史」をなつかしい写真で振り返るコーナーも充実して面白い。さすがは80年代に民主政治復活を読者に促した歴史を持つ新聞だけあり、大見出しの部分では「次の100年に向け、改めて民主主義の保持を求める」と書き、その立場をアピールしている。軍政関連の記事も目立ち、就任前から対立を続けるボルソナロ大統領への強烈なメッセージになっている。「言論の自由」「報道の自由」というものが何であるのか。改めて考える機会になりそうだ。
     ◎
 18日午後、サンパウロ市南部のブルックリン地区でガス漏れ・爆発が起き、トラックが炎上、周辺の立ち木も燃える事故が発生した。現場はサントアマーロ、ジョアキン・ナブコの両大通りの交差点で、12時3分に上がった炎は、消火に約3時間を要した。天然ガスを止めるまでの間、燃料の供給が続き、炎が燃え盛ったが、幸いにも人に危害が及ぶことはなかった。交差点周辺は18時まで交通止めとなり、ガスの供給再開も手間取ったが、起こった場所が悪ければ大惨事にもなりかねなかった。ガス漏れには改めて気をつけたいところだ。
     ◎
 明日、リオ市のマラカナン・スタジアムで、サッカーの全国選手権の天王山、首位インテルナシオナルと2位フラメンゴの直接対決が行われる。共に残り2試合の時点で勝ち点差はわずか1点。インテルがこの試合に勝つと優勝が決まるが、フラメンゴが勝つもしくは引き分けだと、決着は最終節にもつれこむ。キックオフは16時から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]