ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州は6日から、コロナ外出自粛規制が最低の赤レベルに突入した。最初の週末だった5日夜から、州による取り締まりも厳しくなった。サンパウロ市の場合、取り締まり初日の5日夜は、人が多く集まりそうな場所、少なくとも97カ所に係官が出向き、監査を行った。6日夜から7日にかけては15カ所で取り締まりが行われた。その中には市東部ペーニャのナイトクラブのように、200人もの人を集めていた施設も含まれている。多くの店は規定に則って営業を停止してはいるものの、人通りの多いことで有名なサンパウロ市中央部の3月25日通りの商店街などでは、規制を無視して営業を続行する店も見られたという。しっかり取り締まって、感染率や病床占有率、死亡率の低下などにつなげてほしいところだ。
     ◎
 この規制期間中、教会での礼拝は「生活に不可欠なもの」として認められ、30%の入場制限で集会を持つことが許される。だが、全国司教会議(CNBB)が発表したデータによると、これまでに全国で1455人の司祭や司教がコロナに感染し、65人が死亡したという。カトリックの聖職者だけでこの数字だから、ペンテコステ系も含むプロテスタント教会や信者まで含めると、果たして何人になるのか。この数字から判断するに、この時期に教会を開くことはリスクが大きそうだが、はたして大丈夫だろうか。
     ◎
 サンパウロ州では6、7日にまとまった雨が降り、8日午前10時現在のカンタレイラ水系の水位は50%に達した。3月の月間降水量も75・1ミリになり、約1週間の雨量としてはなかなかだ。月間の平均降水量が100ミリを超えるのは3月まで。4月以降は雨の量が減るから、残り3週間でどの位まで水位が上がってくれるか。そろそろ節水を考えるべき時期になる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《サンパウロ州》自粛規制緩和さらに遠のく=来月15日まで現状維持2021年6月24日 《サンパウロ州》自粛規制緩和さらに遠のく=来月15日まで現状維持  サンパウロ州政府は23日、記者会見を行い、コロナウイルスの感染状況悪化から、当初予定していた、バーやレストランの営業を22時までとするなどの外出自粛規制緩和を延期することを発表した。23日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア知事によると、コロナによる感染者数、入院 […]