ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ大都市圏》ついに5市のICU満杯に=空き待ち死者も11人発生

《サンパウロ大都市圏》ついに5市のICU満杯に=空き待ち死者も11人発生

患者を余裕のある地域の病院に飛行機で搬送する医療従事者たち(Foto: Marcelo Seabra/Ag.Pará)

 新型コロナの感染再燃で集中治療室(UTI=ICU)が満杯になる州や市が続出しているが、比較的病床数が多いとされているサンパウロ大都市圏でも5市のUTIの占有率が100%となり、空き待ちの死者まで出ていると9日付現地サイトが報じた。
 9日の時点でUTIの占有率が100%に達しているのは、タボン・ダ・セラ、アルジャー、エンブー・ダス・アルテス、マイリポラン、ポアーの5市だ。
 特に深刻なのはタボン・ダ・セラで、3日以降、一般病室をUTI代わりにして対応している。この状態では人工透析などが必要な患者には対応できない。
 同市では5日以降、少なくとも11人がUTIの空き待ちのままで亡くなった。先週から空きを待っている患者16人の内、UTIへの入院がかなった患者は4人のみ(クリニカス病院とグアルーリョス市の病院に各2人)だ。

 それ以外でもフランシスコ・モラト、モジ・ダス・クルーゼス、マウアー、サントアンドレ、グアルーリョスの諸市のUTIの占有率が90%を超えた他、サンベルナルド・ド・カンポ、ジアデマ、サンパウロ、バルエリ、カイエイラスの諸市でもUTIの占有率が80%を超えている。
 サンパウロ大都市圏39市の内、返答がなかったのは、カラピクイバ、エンブー・グアスー、ジュキチバの3市のみで、それ以外の市は、占有率が80%未満か、小さくてUTIがない市だという。
 サンパウロ州のドリア知事は臨時病院の増設を約束しているが、感染者や入院患者は予想以上のペースで増加している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる2021年6月18日 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる  立ち上げから3年のスタートアップ「カフェネ・インノヴァ(Cafene Innova)」が150万レアルを投じて開発した「固形コーヒー」(café […]
  • 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖2021年6月18日 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖  サンパウロ州内陸部のアララクアラ市が17日午前、2月に次ぐロックダウン(都市封鎖)採用を宣言した。同日正午現在では開始日などの詳細は未発表だが、5月に出た市長令に従えば最低7日間の外出規制が敷かれる事になると16、17日付現地サイトが報じた。  5月24日に出た市長 […]
  • 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期2021年6月18日 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期  今月25日オンラインで第10回日系政治家運動シンポジウムの開催が予定されていたが、主催者の下本八郎元サンパウロ州議がコロナ感染により入院治療中のため、延期になったと事務局から連絡があった。  「関係各位にはご迷惑をおかけしますが、今後共日系政治家運動へのご支援をお願いして延 […]
  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]