ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州ではこのところ、3密を作る週末の非公式イベントを取り締まる動きが広がりつつある。先週末の12〜14日はサンパウロ市だけでも58のイベントが取り締まりの対象となった。15日からはじまった「紫レベル」の直前、最後にひと騒ぎしたかったのかもしれないが、そういうわけにはいかなかった。中でも注目されているのは、南部ヴィラ・オリンピアの違法高級カジノ摘発で、200人以上の参加者の中には、人気ファンキ歌手のMCギーとサッカーのフラメンゴのスター選手ガビゴルもおり、現場で逮捕後、警察に連行された。事情聴取は別途行われるため、調書にサイン後に釈放されたが、彼らほどの有名人でも容赦なく逮捕されるとなれば、一般市民の不正イベントへの参加も警戒されるようになるか。
      ◎
 15日から「紫レベル」がはじまったことで、それまでにも出ていた20時から翌朝5時までの外出禁止が強化されている。20時以降は通りに警察官の姿が見られるようになっている。「仕事帰りの人は取り締まりの対象外」と言われても、警察官の姿を見かけるとやはり緊張してしまうもの。その一方で、密を作る代表的存在のサンパウロ市地下鉄やCPTMは、利用客は減ったものの、まだまだ人が多いとか。もっと効率の良い方法はないものか。
      ◎
 サンパウロ州では15日から、75~76歳を対象としたコロナワクチンの接種がはじまっている。ドライブスルーの会場では週末から一足早くはじまっており、ルーラ元大統領も13日にサンベルナルド・ド・カンポのドライブスルーで接種を受けた。対象年齢は次第に引き下げられており、22日には72~74歳、29日には70~71歳への接種も始まる。混雑の前に早めに接種を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月11日 東西南北  サッカーのコパ・アメリカの開幕予定が13日に迫っているが、ギリギリまでまだどうなるかはわからない状況が続いている。最高裁が10日、開催を認めるか否かを審理して開催許可の判断を下した。だが、同杯協賛スポンサーでクレジットのマスターカード、飲料大手のアンベヴといった大企業が、会社 […]
  • 東西南北2021年6月9日 東西南北  在任中はいたって不人気で、昨年の選挙に敗れ、1期のみの任期で終わった前リオ市長のマルセロ・クリヴェラ氏が、南アフリカ駐在のブラジル大使に指名されていたことが明らかになった。同じ保守派であり、リオに政治拠点を置いていることで、市長選でも強い支持を行っていたボルソナロ大統領の計ら […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]