ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラナ地裁がルーラ資産差し押さえ維持=裁判資料は連邦直轄区に移管も

《ブラジル》パラナ地裁がルーラ資産差し押さえ維持=裁判資料は連邦直轄区に移管も

 連邦直轄区にルーラ元大統領の裁判管轄を移すにあたり、パラナ州連邦地裁が17日、資産差し押さえを維持すると発表した。17日付現地紙が報じている。
 ルーラ氏の裁判管轄に関しては、8日に最高裁のエジソン・ファキン判事が、ラヴァ・ジャット作戦での裁判案件四つは、「ペトロブラスの贈収賄工作との関係が疑わしい」として、同作戦の裁判を扱うパラナ州連邦地裁での裁判は無効との判断を下しており、継続の場合は連邦直轄区の連邦地裁が担当することとなった。
 その中には3審まで有罪となったサンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅を介した贈収賄工作、2審まで有罪となったサンパウロ州アチバイアの別荘の改築費を介した贈収賄工作も含まれている。

 パラナ州地裁第13小法廷のルイス・アントニオ・ボナト判事は、ファキン判事の判断に従い、裁判資料の移管手続きを行ったが、ルーラ研究所建設に関する疑惑により行われた資産差し押さえ命令に関しては、「ファキン判事が命じた件にあてはまるのかが不明」として差し押さえを継続することを決めた。
 ボナト判事は、建設大手オデブレヒト社によるルーラ研究所への寄付や同研究所建設用の土地購入を介した贈収賄工作に関する資料の全てを連邦直轄区地裁に送ることを明らかにしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • 特別寄稿=日中戦争とブラジル移民=亡き父の移住の夢果たす=聖州アチバイア在住 中沢宏一2021年6月16日 特別寄稿=日中戦争とブラジル移民=亡き父の移住の夢果たす=聖州アチバイア在住 中沢宏一  北海道稚内の弟から親父敬助が昭和12 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]