ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》26日から4月4日まで連休に=感染抑制のため特別に前倒し

《サンパウロ市》26日から4月4日まで連休に=感染抑制のため特別に前倒し

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が18日、新型コロナの感染拡大抑制のため、今年と来年の市の休日を使い、3月26日から4月4日を大型連休とする方針を明らかにしたと同日付現地サイトが報じた。
 サンパウロ市も集中治療室(UTI)の占有率が上昇中で、18日には空き待ちで亡くなった人が出ていた事も報告された。犠牲者は22歳の青年で13日に亡くなった。同市のUTI占有率は88%とされているが、17日現在もUTIの空き待ち患者が395人いた。
 18日に発表された大型連休は、今年と来年の任意休日を3月26、29~31日、4月1日に振り替え、26日から4月4日までの連休とするというものだ。

 具体的には、今年と来年のコルポス・クリスチ(6月3日と6月16日)、今年と来年の黒人の意識高揚の日(11月20日)、来年の1月25日(サンパウロ市の誕生日)の5日が振り替えられる。
 サンパウロ市は昨年も、同様の措置で大型連休を作り出し、人の往来を減らす試みを行った。コーヴァス市長は、大型連休を取り入れて人の動きを減らせば、感染者発生数やUTI占有率、死者数が減るはずだとしている。
 ロックダウンの可能性については、1千人の市警備隊(GCM)だけでは取り締まりは不可能とし、市民の良識に期待する考えを示した。
 18日の会見にはサンパウロ州保健局のジェアン局長も列席し、第2波の入院患者は若い人が増え、入院期間が長期化した事もあり、病床占有率が上昇の一途にあるが、感染者の増加と同じペースで病床を増やす事は不可能として、社会隔離などの予防措置の順守を求めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる2021年6月18日 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる  立ち上げから3年のスタートアップ「カフェネ・インノヴァ(Cafene Innova)」が150万レアルを投じて開発した「固形コーヒー」(café […]
  • 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖2021年6月18日 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖  サンパウロ州内陸部のアララクアラ市が17日午前、2月に次ぐロックダウン(都市封鎖)採用を宣言した。同日正午現在では開始日などの詳細は未発表だが、5月に出た市長令に従えば最低7日間の外出規制が敷かれる事になると16、17日付現地サイトが報じた。  5月24日に出た市長 […]
  • 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期2021年6月18日 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期  今月25日オンラインで第10回日系政治家運動シンポジウムの開催が予定されていたが、主催者の下本八郎元サンパウロ州議がコロナ感染により入院治療中のため、延期になったと事務局から連絡があった。  「関係各位にはご迷惑をおかけしますが、今後共日系政治家運動へのご支援をお願いして延 […]
  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]