ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》世論調査=商業規制に7割が賛成=経済活動継続主張は3割

《ブラジル》世論調査=商業規制に7割が賛成=経済活動継続主張は3割

 ダッタフォーリャの最新調査により、国民の7割以上がコロナ禍による商業活動の規制を妥当だと考えていることがわかった。18日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]
  • 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ2021年6月12日 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ  10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために […]