ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■宮城タカオさん

■訃報■宮城タカオさん

宮城タカオさん(フェイスブック写真より)

宮城タカオさん(フェイスブック写真より)

 日系ジャーナリストの先駆者の一人、宮城タカオさんが3月25日午後に亡くなった。行年81歳。3月31日午後3時に初七日ミサが、サンパウロ市のサンジューダス・タデウ教会のユーチューブチャンネルで行われた。
 タカオさんはサンパウロ市出身の二世。父・宮城松成(しょうせい)氏は1937年に移住し、母県の沖縄タイムス紙の海外通信員を長年していた。兄弟のパウロさんはラジオTV日系の社長。家族でジャーナリズム界に貢献していた。
 タカオさん本人はエスタード・デ・サンパウロ紙、フォーリャ・デ・サンパウロ紙、ジョルナル・ダ・タルデ紙を皮切りに、サンパウロ州政府広報官を長年勤めた。
 家族によると昨年からのパンデミック期間中、ベランダで育てている植物の世話やハンモックで日光浴をし、夕方の空を撮影するなど穏やかに過ごしていた。外出できない分、フェイスブックで友人や家族とつながり、ブラジルや世界の主なニュースをリアルタイムで共有することも好きだったという。


■関連記事
★2007年6月26日《日系社会》■訃報■宮城松成氏
★2009年9月9日《日系社会》日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史=(1)

★2009年9月10日《日系社会》日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(2)

★2010年1月1日《日系社会》評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会

image_print

こちらの記事もどうぞ