ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず

《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず

指定日を過ぎても2度目の接種を受けていない人のリスト(保健省)

 保健省が13日、新型コロナワクチンの2度目の接種を受けていない人が150万人余りいるとして、州別の未接種者数リストを発表したと13日付現地サイトが報じた。
 1度目の接種を受けた人は、次回の接種日を指定したカードを受け取る。だがその日になっても接種を受けに来ない人がいる。ブラジルで使われているワクチンは2度の接種で効果を発するため、一定期間内に2度目の接種を受けないと充分な効果が出ない上、最初からやり直す必要も生じる。
 最初の接種を受けたのに2度目の接種を受けていない人が多いのは、サンパウロ州34万3925人、バイア州14万8877人、リオ州14万3015人、リオ・グランデ・ド・スル州12万3514人、ミナス州8万9122人、パラナ州7万1857人など。

 少ないのは、アマパー州5741人、トカンチンス州6033人、アクレ州6191人などだ。
 2度目の接種を受けていない総数は151万4340人で、大半は接種間隔が21~28日と短いコロナバックの接種を受けた人だ。アストラゼネカ製のオックスフォードワクチンは接種間隔が3カ月と長いため、2度目の接種指定日を過ぎた人は287人のみだ。
 実際には接種を受けたのに保健省のシステムへの登録が遅れている可能性もある。保健省は、2度の接種は本人を守るためだけでなく、地域全体の防御壁を作り、感染拡大を抑制する意味でも重要とし、指定日に接種を受けに行けなかった人は、なるべく早く2度目の接種を受けるよう勧めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]