ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1カ月間の全国の新規感染者は4万5498人に達した」という。アルゼンチンでは昨年の12月以降、コロナによる死者数を1日200人以内に抑えていたが、12日からは200人を超え始めた。1日の感染者も、14日に過去最高の2万5157人を記録した。なお、コロナ感染が報じられたフェルナンデス大統領は快方に向かっているという。
     ◎
 一方、ウルグアイでもコロナ禍の悪化が伝えられている。ウルグアイはこれまで「コロナ対策の模範国」のような評価を受けていたが、ここに来て状況が悪化。12日には1日の死者が71人と、人口が350万人の国としてはかなり心配な数を記録。全国の病院での集中治療室の占有率も77%まで上がっているという。このような近隣諸国でのコロナ禍の報道を聞くと、「ブラジルが迷惑をかけてしまったのでは」と気まずい感じになってしまう。ブラジルに引っ張られ、南米は3月31日以降、地域別の死者が世界一の状態が続いている。
     ◎
 14日のサッカーのレコパ杯第2試合。パルメイラスはデフェンサ・イ・ジュスティシア(アルゼンチン)に1―2で敗れ、合計スコアで追いつかれた上、PK戦でも2人がシュートを外し、3―4で敗れた。パルメイラスは11日のスーペルコパ杯でもフラメンゴにPK戦で敗れたばかり。パルメイラスはこの二つの敗戦で900万レアルを手にし損ねた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月9日 東西南北  昨日付でも報じたように、サンパウロ州はワッツアップと組んで、コロナワクチン接種のための事前登録を受け付けている。7日の発表後、既にかなりの人が事前登録を行ったようだ。ワッツアップを利用したい人は、「+551195220-2923」に「Oi(こんにちは)」と書いて送ると、A接種 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]