ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、サンパウロ市のシリオ・リバネス病院に入院中のブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市長。15日の検査の結果、癌が肝臓や骨にも転移していたことまでは既に報じた。19日に行った検査では、肺や腹部に水が溜まっていることも確認された。当初は化学療法と免疫療法の第1セッションが終わり次第退院の予定だったが、病院側によると「この水を取り除かない限り退院できない」とのことで、入院が長引きそうだという。コーヴァス氏はこれまでも、癌治療に関して悲壮感を出すことを頑なに拒み、常に明るく振る舞っている。公務も病室で行ってきたが、さすがに今回の治療は厳しいものにならざるをえないか。なんとか快方に向かうことを願いたいところだ。
     ◎
 21日はチラデンテスの祝日だが、休日ダイヤのはずのCPTMで、通勤客が普段より少ないのに電車内が混雑する異例の事態が起こった。原因はCPTMの電車の運行スケジュールの大きな乱れで、「35分に1本の間隔」でしか電車がこなかったという。いくら休日の乗客が少ないからといって、ここまで間隔があき、4〜5本分くらいの乗客が乗り込めば、さすがに混雑もしてしまう。CPTM側は「電車のプログラミングを間違えた」と過失を認めている。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯はグループ・リーグに突入。昨年の覇者パルメイラスは21日、敵地ペルーでウニベルシタリオと対戦。2点のリードを追いつかれる苦しい展開となったが、アディショナル・タイム突入の5分後、18歳の新人ディフェンダー、レナンのゴールで3―2で逃げ切った。苦しんだ上の勝利であるのに加え、救世主として新人が現れたことにファンは喜んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月18日 東西南北  ボルソナロ大統領が12日にサンパウロ市で行って物議を醸した、マスクなしでのバイクでの集団デモ行進「モトシアッタ」について、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)が、料金所などの記録によると、この日に使われたバイクの数は6661台だったと発表した。デモの直後は「1 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]