ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》二人分の命の灯が消える時

《記者コラム》二人分の命の灯が消える時

アウグストさんの死とエロアーさんの両親の嘆きを報じる4日付G1サイトの記事の一部

アウグストさんの死とエロアーさんの両親の嘆きを報じる4日付G1サイトの記事の一部

 4日、サンタカタリーナ州の保育園襲撃事件やコメディアンのパウロ・グスターヴォの死が衆目を集めた。だが、コラム子には、「エロアーさんの両親が娘の心臓を受けた女性のコロナ感染症による死を嘆いた」との報道も気になった。
 エロアーさんは15歳だった08年10月、サンパウロ市近郊サントアンドレー市で起きた元恋人による人質事件の犠牲者だ。100時間を超す人質立てこもり事件は連日報じられ、皆が無事救出を願ったが、警官がアパートに突入した時、元恋人の凶弾で失命した。
 彼女の臓器を移植された人は5人おり、心臓を受け取ったアナ・アウグストさん(51)が亡くなったと聞いた、エロアーさんの両親は娘を再び亡くしたような痛みを感じた。
 アウグストさんはパラー州在住で、4月25日にコロナ感染症で入院したが、3日に息を引き取った。臓器移植を受けたハイリスクグループであるため、病院と実家以外への不要な外出は避けていた彼女の感染経路は誰にもわからない。
 だが、エロアーさんの母アナ・クリスチーナ・ピメンテルさん(54)は、アウグストさんの死に娘を失った時同様の悲しみを感じた。15歳で亡くなった娘の心臓が今度こそ鼓動を打つのを止めてしまった。それも、生きていれば28歳の誕生日を迎える2日前に――という思いが、他人事ではない深い悲しみを呼び起こしたのだろう。
 二人分の命を紡いで来たアウグストさんと、娘を眺めるような思いでパラー州に思いを馳せていたエロアーさんの母。新型コロナの影響はこんなところにも及んでいたのかと思うと、改めて、一人一人の命の重さや日常の大切さを考えさせられた。     (み)

★2008年10月29日《ブラジル》エロアーさん殺害はアウヴェス容疑者

★2012年2月14日《ブラジル》サントアンドレ=エロアー事件の裁判開始=警察やマスコミにも責任か

★2008年10月23日《ブラジル》エロアーさんの父逃亡=アラゴアス州の殺人犯?=人質事件で身元が割れる

★2008年10月30日《ブラジル》エロアーさんの母は誘拐犯?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]