ホーム | 日系社会ニュース | 「母の日」盛大に祝う!=外務省研修生OB会が主催

「母の日」盛大に祝う!=外務省研修生OB会が主催

上原会長と妻モニカ氏

上原会長と妻モニカ氏

 9日の「母の日」にちなんで、日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)は11日19時から「母の日Dia das Mães」イベントをオンラインで祝った。会員の伴侶や親子で参加する人も含めて約50人が加わり、1時間に亘ってにぎやかに祝った。
 同会の中野マルシア氏とイワタ・ユリ氏が司会進行し、「皆さん、このイベントにお集まりいただきありがとうございます。皆さんこの機会に母や妻へ再度感謝をしましょう」という言葉でイベントが始まった。
 母の日に合わせて日本のおむつ製造会社「パンパース」が作成したドキュメンタリー映像が流された。子育て中の妻への感謝の気持ちを、夫が感動的なサプライズ演出で伝える映像で、参加者の多くは観ながら目に涙を浮かべた。


 次に上原会長とその妻モニカ氏は開会の挨拶として「皆さん今日はお集まりいただきありがとうございます。特別な『母の日』を共に祝いましょう。子供を持つ母、子供が育ち子育てを終えた母、孫ができた母など、様々な母がいて、私達を育ててくれたおかげで今こうして生活ができています。何物にも代えがたい母の愛情・勇気・力強さ・優しさ・信念に改めて敬意と感謝を評しましょう」と述べた。
 次に、在聖総領事館の井手博之領事が挨拶を述べた。「コロナ禍が続く現在もこうしてオンラインでイベントを行う日系団体は素晴らしいこと」と述べた。
 野村アウレリオ聖市議とその母・マリア・ド・カルモ氏も参加し、「この特別な日に招待してくれて本当にありがとう。動画をみてとても感動したと同時に、息子が子供だった頃のことを思い出して懐かしくなった」と感想と挨拶を述べた。
 その後、伊藤カレンによる島津亜矢の歌「感謝状~母へのメッセージ~」が歌唱され、参加者一同が大いに盛り上がった。
 近藤アンドレ氏による同イベント継続の必要性や、イワタ氏による母への感謝と存在の大きさが語られ参加者の多くが目に涙を浮かべた。
 弁護士の原田清氏と妻フェリシア氏は、「すべての母、両親、妻、家族に感謝をしましょう。そして健康・希望・愛を願って乾杯!」と呼びかけて乾杯した。
 伊藤氏が長渕剛の「乾杯」を歌唱。イベントの最後には、参加者の家族写真が順番に出るビデオが流され、皆涙を浮かべながら感謝の言葉を言いながら締めくくられた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍CPI「集団免疫モデルはスウェーデン」影の委員会のテラ氏が証言=重症体験経てもクロロキン執着2021年6月23日 《ブラジル》コロナ禍CPI「集団免疫モデルはスウェーデン」影の委員会のテラ氏が証言=重症体験経てもクロロキン執着  上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)は22日、元市民相のオズマール・テラ下議(民主運動・MDB)を召喚し、証人喚問を行った。「影の委員会」の中心人物とされるテラ氏は今回の証言で、集団免疫とクロロキンの有効性を説いたが、委員らに反論され、皮肉られる光景が見られた。22 […]
  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]