ホーム | 日系社会ニュース | クリチバ=外務大臣表彰4人に伝達=政治家、法曹界の功労者に

クリチバ=外務大臣表彰4人に伝達=政治家、法曹界の功労者に

表彰状を授与する高木総領事

表彰状を授与する高木総領事

 在クリチバ日本国総領事館が5月28日、令和2(2020)年度外務大臣表彰授与式をオンラインで実施し、4人が表彰状を授与した。

 

 

 


▼アントニオ・テルオ・カトウ氏

 パラナヴァイ市長とパラナ州議会議員として10年以上も同州と日本の関係強化に努めたほか、同州日伯経済友好使節団の一員として両国の経済発展と友好親善の増進などにも寄与してきた。
▼小野英三フェルナンド氏
 日系人初の労働高等裁判所判事に就任し、州を超えブラジル法曹界を代表する人物として認知されるなど、同州をはじめ伯国内での日系社会の評価や対日イメージの向上大きく貢献した。
▼細川マリオ・マサオ氏
 マリンガ市で長年市議会議員を務めてきた。また、大きな日系社会を有する同市で文化体育協会の役員も担い、日本公園設立も含めて対日理解促進や日本文化普及に貢献。兵庫県加古川市との姉妹都市提携を実現させた。
▼廣瀬タダアキ氏
 日系人初の連邦判事に就任。連邦高等裁判所第四管区長官や監督官を務め、同裁判所の電子化を進め迅速な訴追を実現する等、顕著な実績を残し、日系人の地位向上や対日イメージの向上に大きく貢献した。
 オンライン授与式の当日には西森ルイス下院議員のほか、各受章者が属していた分野の関係者10人も来賓で出席した。

オンライン授与式には来賓も多数参加

オンライン授与式には来賓も多数参加

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 在サンパウロ総領事館=森田領事部長がベレンに異動=「サンパウロでお世話になった」2021年6月15日 在サンパウロ総領事館=森田領事部長がベレンに異動=「サンパウロでお世話になった」  在サンパウロ総領事館の森田聡領事部長(59、神奈川県)が22日付で離任するに先立ち、8日に来社した。  森田領事は、ブラジル在住歴は通算14年程。2005年に初めて在聖総領事館に着任して移民百周年。その後、約5年ごとに中米グアテマラ国やパラナ州の在クリチバ日本国総領 […]
  • 在クリチバ総領事館が米寄贈=総領事個人も、計784キロ2021年6月4日 在クリチバ総領事館が米寄贈=総領事個人も、計784キロ  在クリチバ日本国総領事館(高木昌弘総領事)は5月25日、支援食糧米を寄付し、その引き渡し式を行った。同寄贈は、パラナ州政府にパラナ州政庁(イグアス宮)で行われた。  引き渡された寄贈品は同総領事館から392キロ、高木総領事個人からも同量の合計784キロ。この寄付品は […]
  • クリチバ=平上文雄氏に在外公館長表彰=「リンゴ生産は伯国への恩返し」2021年6月1日 クリチバ=平上文雄氏に在外公館長表彰=「リンゴ生産は伯国への恩返し」  在クリチバ日本国総領事館(高木昌弘総領事)は4月26日、サンタカタリーナ州サンジョアキン市でヒラガミ・コメシアル社代表、伯リンゴ生産者協会社会部長を務める平上文雄氏(和歌山県出身)に対し、令和3(2021)年度在外公館長表彰を授与した。  表彰式はサンジョアキン市内 […]
  • 《ブラジル》レルネル元パラナ州知事が死去=クリチバ都市設計で実績2021年5月28日 《ブラジル》レルネル元パラナ州知事が死去=クリチバ都市設計で実績  建築家出身で、クリチバ市長やパラナ州知事を歴任したジャイメ・レルネル氏が27日の早朝に亡くなった。83歳だった。27日付現地紙が報じている。  レルネル氏はユダヤ系ポーランド人の2世で、1937年にクリチバ市で生まれた。1964年にパラナ州連邦大学の建築科を卒業後、 […]