ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 人気子役俳優だったラファエル・ミゲル(当時21歳)が、会えなくなった恋人を説得しようと彼女の自宅までかけつけ、随伴した親もろとも恋人宅前で殺害される事件が2019年に起きて話題となったが、9日でちょうど2年の月日が流れた。恋人の父親で、ミゲルと両親を殺害した企業家のパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者は依然として逃亡中だ。この間、パラナ州で目撃されたなどの情報もあったが、その後の足取りは不明。現在は国際警察に指名手配されるに至っている。同容疑者に関しては逃走直後から友人が手助けしたと噂されていたが、ここまで捕まらないものとは。果たして、国外には逃げているのだろうか。そこまで含め、気になるところだ。
     ◎
 リオ市北部で8日、妊娠4カ月のインテリア・デザイナーでモデルのカトレン・ロメウさん(24)が銃弾を受け、不慮の死を遂げた。これは、軍警と犯罪集団の銃撃戦の際、流れ弾が不幸にもカトレンさんに当たってしまったもの。実質2人分の命が奪われてしまったことで、地元住民は憤慨。早速、抗議行動が起き、話題を呼んでいる。カトレンさんは9日に埋葬されたが、リオ市ではこれまでも、警察の捜査の不手際で多くの若者の命が奪われている。なんとかならないか。

image_print

こちらの記事もどうぞ