ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 予定が急に早まることが日常茶飯事となったサンパウロ市のコロナワクチン接種だが、8日からのはずだった40歳の人たちへの接種が1日繰り上がって7日から始まり、今日8日からは39歳の人たちへの接種も始まる。明日9日と10日は39〜41歳の接種しそこなった人たちと2回目の接種の人たちに当てられる。これを受け、12日には38歳、13日には37歳への接種も始まる。サンパウロ州でも、7月いっぱいまでが30代後半、8月中旬までが30代前半だった接種予定を早める可能性が高まった。サンパウロ市内ではデルタ株の感染拡大危機もあり、なるべく早めに多くの人が接種を行うに越したことはない。早め早めの接種対策で変異株からの影響も最小限に抑えたいところだ。
     ◎
 5日、サンパウロ市東部アルトゥール・アルヴィンのヴィラ・ニョクネーで火災が発生し、3歳の男の子が命を落とした。消火活動にあたった消防隊は意識不明で倒れていた38歳の母親と15歳の息子を救出して病院に運んだほか、10代の少年は手にやけどを負ったが火災発生後すぐに助けられている。サンパウロ市では2日にも北部で火災があり、3人の子供が命を落としたばかりだ。 
     ◎
 6日のサッカーのコパ・アメリカの準決勝。アルゼンチンはコロンビアと戦い、1―1となったあと、PK戦を3―2で制して決勝に進出。10日(土)夜に行われる決勝戦でブラジル代表と対戦することになった。南米サッカー界の宿命のライバルと目される両国での決勝は14年ぶり。コロナ禍での突然のブラジル開催となり、物議を醸した今大会もあと2日だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本祭り=復興写真展に多数が来場=非日系も強い関心示す2013年7月31日 日本祭り=復興写真展に多数が来場=非日系も強い関心示す ニッケイ新聞 2013年7月26日  県連日本祭りの屋内展示場では、被災地招聘交流事業によって来伯した大和田加代子、松本康裕、天野和彦の3氏による『復興写真展』が開かれ、多くの非日系人を含め来場者が熱心に見入っていた。 […]
  • 東西南北2011年1月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年1月18日付け […]
  • 大耳小耳2008年12月24日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年12月24日付け […]
  • 大耳小耳2015年7月9日 大耳小耳  クレープ屋「HACHI」が先週末から、新天地で営業を始めている。リベルダーデ大通りのカーザス・バイア横から、文協近くのガルボン街586番へ移転した。東京・原宿発の食べ物ではありながら、店主が埼玉県人子弟であるため、日本祭りの同県ブースでもクレープを販売するという。サイト( […]
  • ■訃報■福本千賀人さん2016年4月23日 ■訃報■福本千賀人さん  司会業で著名な藤瀬圭子さんの夫・福本千賀人(ちがと)さんが、老衰による感染症のため、21日午前4時40分頃、市内病院で亡くなった。享年87。葬儀は同日、ヴィラ・マリアーナ墓地で行われた。 大分県出身で、農業移住の家族に連れられて3歳の頃に来伯。成人してから写真店を経営し、写真 […]