ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》原油の漂着は未だ止まず=汚染箇所は1千カ所超える

《ブラジル》原油の漂着は未だ止まず=汚染箇所は1千カ所超える

アラゴアス州の海岸で原油塊を回収する海軍兵達(2019年11月、Marinha do Brasil)

 19年8月30日から始まった、ブラジル北東部と南東部への原油漂着はまだ続いており、21日現在の汚染箇所は1003カ所となった。

 国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)によると、原油漂着で汚染された箇所は、北東部9州から始まり、エスピリトサント州、リオ・デ・ジャネイロ州まで至っている。

 原油の塊が最初に漂着して以来、5カ月近く経つが、原油漂着の原因は未だに解明していない。

 海軍は、沈没船からの流出、故意または事故による漏出、原油の入った容器の不法投棄の三つの可能性を指摘している。

 なお、Ibamaは昨年11月に、汚染箇所の数え方を、○○海岸などの単位ではなく、汚染された海岸線の距離(1キロ単位)に変更した。新しい基準では、原油で汚染された場所が10キロに及ぶ場合は、汚染箇所は10カ所と数える事になっている。

 Ibamaによると、21日現在、570箇所は原油塊が全て取り除かれているが、434箇所はまだ、原油塊が残っているという。

23日にピチンブ海岸に漂着した原油塊(Secretaria de Turismo e Meio Ambiente/Divulgação)

 また、パライバ州南部のピチンブ市ピチンブ海岸と、コンデ市のタバチンガ、コケイリニョ、タンババの各海岸には、23日も少量の原油塊が漂着したという。23日に漂着した原油塊の一部は24日に回収され、海軍の研究所に送られたという。(24日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定2017年5月24日 フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定  リオの名門サッカークラブ、フラメンゴの弱冠16歳のFW、ヴィニシウス・ジュニオールが4500万ユーロ(55億8千万円相当)の移籍金でレアル・マドリードに移籍すると公式発表された。  現在16歳のヴィニシウスは、18歳の誕生日となる、2018年7月12日をもっての移籍 […]
  • ブラジルは犯罪規模も桁外れ=ギャングからの押収品の売却益だけで年50億円?2020年2月15日 ブラジルは犯罪規模も桁外れ=ギャングからの押収品の売却益だけで年50億円?  スポーツカー、高級住宅、プライベートジェット、農場や大量の家畜など…。これらは、ブラジル法務省がブラジルの犯罪者やギャング組織から押収し、売却した財産の一例だ。  昨年は、犯罪者たちが汚職や薬物密売などで違法に集めた財産を現金化して得られた利益が、9100万レアル( […]
  • ミナス州=水害死者45人、不明19人=110年間で最多の雨量記録2020年1月28日 ミナス州=水害死者45人、不明19人=110年間で最多の雨量記録  【既報関連】南東部では17日以降、雨による被害が続いていたが、23~25日に強い雨との予想が的中し、被害が拡大していると25~27日付現地紙、サイトが報じた。  被害が最も大きいのはミナス州で、27日朝の時点での死者は45人、行方不明者は19人。同日付州官報は緊急事 […]
  • 《ブラジル》ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故から1年=地域や住民の苦しみは続く2020年1月25日 《ブラジル》ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故から1年=地域や住民の苦しみは続く  【既報関連】19年1月25日に起きたミナス州ブルマジーニョでの鉱滓ダム決壊事故から丸1年。州検察は21日に、Vale社やTUV SUD社並びにその関係者16人を起訴したが、21~24日付現地紙サイトなどは連日、地域や地域住民は今も事故の後遺症に苦しんでいる事を伝えてい […]
  • サンパウロ州サントス市=市立水族館でネコザメ誕生=四つの卵の内、三つが孵化2020年1月24日 サンパウロ州サントス市=市立水族館でネコザメ誕生=四つの卵の内、三つが孵化  同水族館でネコザメのつがいを飼い始めたのは、2019年8月。水族館側が海水3千リットルが入る水槽を用意して観察を続けたところ、サメ達が交尾を始め、卵を産んだ。  同水族館ではこれまでも、ペンギンなどの館内繁殖に成功しており、ネコザメの繁殖にも期待がかかっていた。 […]