ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 27日、サンパウロ州ソロカバの川辺で、前日から行方不明になっていた19歳の学生ラファエラ・デ・カンポスさんが、遺体で見つかった。溺死状態で、暴行を受けた痕跡はないという。ラファエラさんは前日、通っていた専門学校のコース変更に伴う奨学金取得のためのテストを受けるために、両親と住んでいた同州ボトランチンを出たきり、戻ってこなかった。彼女の友人の1人が18時30分頃にラファエラさんから留守電で「テストが難しかった」との伝言を受けており、20時に電話をかけなおしたが、ラファエラさんが電話に応じることはなかったという。警察はあらゆる可能性を捨てずに捜査を行っていくという。
     ◎
 09年に飲酒運転で宙を飛び、前方を走っていた自動車に乗っていた20代の若者2人を斬首に近い形で事故死させたとして、18年に陪審裁判を受けた元パラナ州州議カルリ・フィーリョ氏が28日、裁判所に出頭、グアラプアヴァ刑務所に移された。同氏は免停になっていた上、泥酔状態で運転、170キロ前後の無謀なスピードで走った末に惨事を起こし、7年4カ月の実刑判決を受けていた。2世議員として23歳で州議に当選したが、26歳で政治家生命を棒に振った。
     ◎
 昨日付本面でも報じた、27日に飛行機の墜落事故で亡くなった歌手ガブリエル・ジニスの葬儀が、28日にパライバ州ジョアン・ペッソアで行われた。そこには親友だった人気歌手ウェズレイ・サファドンも参列した。葬儀場にはファンも多数かけつけ、昨年大ヒットした「ジェニフェル」を歌って弔った。

image_print

こちらの記事もどうぞ