ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 27日、サンパウロ州ソロカバの川辺で、前日から行方不明になっていた19歳の学生ラファエラ・デ・カンポスさんが、遺体で見つかった。溺死状態で、暴行を受けた痕跡はないという。ラファエラさんは前日、通っていた専門学校のコース変更に伴う奨学金取得のためのテストを受けるために、両親と住んでいた同州ボトランチンを出たきり、戻ってこなかった。彼女の友人の1人が18時30分頃にラファエラさんから留守電で「テストが難しかった」との伝言を受けており、20時に電話をかけなおしたが、ラファエラさんが電話に応じることはなかったという。警察はあらゆる可能性を捨てずに捜査を行っていくという。
     ◎
 09年に飲酒運転で宙を飛び、前方を走っていた自動車に乗っていた20代の若者2人を斬首に近い形で事故死させたとして、18年に陪審裁判を受けた元パラナ州州議カルリ・フィーリョ氏が28日、裁判所に出頭、グアラプアヴァ刑務所に移された。同氏は免停になっていた上、泥酔状態で運転、170キロ前後の無謀なスピードで走った末に惨事を起こし、7年4カ月の実刑判決を受けていた。2世議員として23歳で州議に当選したが、26歳で政治家生命を棒に振った。
     ◎
 昨日付本面でも報じた、27日に飛行機の墜落事故で亡くなった歌手ガブリエル・ジニスの葬儀が、28日にパライバ州ジョアン・ペッソアで行われた。そこには親友だった人気歌手ウェズレイ・サファドンも参列した。葬儀場にはファンも多数かけつけ、昨年大ヒットした「ジェニフェル」を歌って弔った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き2020年9月18日 《リオ州》CVを2億レ資金洗浄で捜査=サンパウロ州PCC摘発に続き  16日、リオ州を拠点とする犯罪集団「コマンド・ヴェルメーリョ(CV)」の資金洗浄疑惑に対する捜査が行われ、大物幹部が逮捕された。16日付現地サイトが報じている。  今回行われた「オーバーロード2」作戦は、2015年に行われた「オーバーロード作戦」の続編にあたる。主導はリオ州 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]