ホーム | ブラジル国内ニュース | セレソン=チッチが独占インタビュー=2022年のW杯への抱負は?

セレソン=チッチが独占インタビュー=2022年のW杯への抱負は?

10月、サウジアラビアでのチッチ氏(Lucas Figueiredo/CBF)

10月、サウジアラビアでのチッチ氏(Lucas Figueiredo/CBF)

 サッカーのブラジル代表チーム(セレソン)は16日と20日に次の親善試合を行うが、グローボ局のスポーツ・サイト「グローボエスポルテ」がチッチ監督への独占インタビューを掲載したので、その一部を紹介する。
 2018年のW杯ロシア大会は準々決勝敗退となったが、チッチ監督はその敗戦を、「もう少し早く監督を引き受けていたら、違うパターンを思いついていたかもしれない。あの時は(中盤の)レナト・アウグストが不調だったので、右ウイングだったフィリペ・コウチーニョを中盤に回し、ウイリアンやダグラス・コスタを右ウイングに据えたのだが、もっと他のことを試せていたかも」と、2016年9月からの監督業務に悔しさをにじませた。
 チッチ監督は、これまでのセレソンの慣例を破り、前回大会で敗退した監督としては異例の、次の4年までの監督の契約を更新している。現状、W杯後は4連勝しているが、そのメンバーには、引退が予想されていたチアゴ・シウヴァやミランダなどのベテランも招集している。
 「選手には公平にチャンスを与えている。彼らは次の大会で30代後半だが、意欲は衰えていないし、来年のコパ・アメリカであれば、まだ年齢も関係ない」と監督は語る。「でも、その一方で若手も起用している。パケタ、リシャルリソン、アルトゥール、エーヴェルトン、ミウトンも使っているし」と、22歳以下の期待の若い選手の名をあげて反論した。
 また、20年の東京五輪に関しては、「セレソンで大事な選手を既に預かっているから」と、通常U20の監督がつとめる五輪代表監督にはタッチしない(国によって代表監督と五輪監督を兼務する場合がある)ことを表明している。だが、チッチ氏の視線は既に、ブラジル・サッカー界の未来の宝というべき、18歳のヴィニシウス・ジュニオル(レアル・マドリッド)、17歳のロドリゴ(サントス)に向いている。
 同監督は既に二人を召集することを考えていたが、「ヴィニシウスに関してはかなり考えた。だが、ちょうど、彼がフラメンゴからレアルに移籍する大事な時期だったしね」と、召集に踏み切らなかった理由を語る。さらに、「レアルでもう少し結果がほしい」とし、ここのところ、強豪レアルでも試合に出はじめ、得点なども決めはじめているヴィニシウスに注文をつけた。
 さらに、ロドリゴに関しては、「成熟しているね。もう25歳くらいのプレーをしている。ただ、ヴィニシウスに既に備わっている体が、まだできていない」と誉めながらも注文を付ける。ロドリゴも2019年の(北半球での)夏場にレアルに移籍するが、「ああいう人材がブラジルでプレーしないのは惜しい」と語っている。
 チッチ氏はさらに、今後のセレソンのキー・プレイヤーとして、アルトゥールやルーカス・パケタと、中盤の若い2人の名前を挙げている。
 アルトゥールはグレミオから移籍したばかりのバルセロナでも常時出場しはじめており、チッチ氏も「チームの頭脳になりうる」と評す。「パウリーニョとコウチーニョをW杯で起用した際は、パウリーニョをやや前に使ったが、アルトゥールはだいぶ後ろにポジションを取るので、(より攻撃的な)コウチーニョが前に行ける」と語っている。監督はアルトゥールを称して、「バルセロナのかつての選手でいうとシャヴィに似ている」としている。同様の指摘は、かのメッシも行っている。
 「カカー2世」との呼び名も高いパケタに関して、チッチ氏は「より、前でプレーするタイプだね。彼が1度召集された際、まだよく知らないはずのネイマールやコウチーニョの方を見ていないのに、完全に動きを把握しているんだ」と賞賛した。「3回の召集のうち、まだ1回しか彼を呼べていないのは残念だ」と、国内の重要な大会の試合の都合でなかなか召集できないフラメンゴの絶対的エースを早く呼びたくてしょうがない気持ちも吐露している。(9日付グローボエスポルテより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?2018年11月29日 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?  サッカーのクラブチーム南米大陸王者を決めるリベルタドーレス杯決勝が、開催地や開催日時、実際に行われるかどうかさえも正式決定できないという異例の事態になっていると、25~28日付ブラジル紙・サイトが報じている。  決勝はアルゼンチンの名門チーム、リーベル・プレート(リ […]
  • 2018年、W杯後のブラジル代表通信簿=合格はリシャルリソン、アラン2018年11月22日 2018年、W杯後のブラジル代表通信簿=合格はリシャルリソン、アラン  11月20日に行われた英国ミルトンキーンでのカメルーン戦での1対0での勝利をもって、サッカーのブラジル代表が2018年の全日程を終えた。  今年の成績は15戦13勝1分1敗で、トータルで見れば素晴らしい。だが、たった一つ、ロシアW杯準々決勝でベルギーに喫した敗戦が、 […]
  • セレソン=アランで中盤に大きな収穫=初セレソンで大きなアピール2018年11月20日 セレソン=アランで中盤に大きな収穫=初セレソンで大きなアピール  17日、ロンドンで行われたサッカーの親善試合の対ウルグアイ戦で、今回が初召集となるミッドフィールダー、アラン(27、ナポリ)がチームを勝利に導く好プレーで一躍脚光を浴びた。  アランはこの日、後半13分に2列目のレナト・アウグストに代わって出場し、すばやい動きでチー […]