ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領がヒトラー政権大臣の孫と面談=台頭中の極右政党の女性下議

《ブラジル》大統領がヒトラー政権大臣の孫と面談=台頭中の極右政党の女性下議

ベアトリクス・フォン・ストーチ氏(左)とボルソナロ大統領(ベアトリクス氏のInstagramより)

 ボルソナロ大統領が先週、ドイツの極右政党「AfD(ドイツのための選択肢)」所属で、ナチス・ドイツ政権の大臣の子孫である女性政治家と非公式に会っていたことが明らかになり、物議を醸している。AfDは2013年に結党したばかりだが、独連邦議会631議席中の92議席を占めるまでに躍進した右派政党。27日付伯字紙が報じている。
 この女性政治家はベアトリクス・フォン・ストーチ氏で、先週、大統領府を訪れていた。この面会は大統領府の公式行事には含まれておらず、26日にベアトリクス氏が自身のSNSにボルソナロ氏と写った写真を掲載したことで明らかになった。

 彼女の母方の祖父ルートヴィヒ・クロージク氏は、ヒトラーのナチス政権時代の財相を務め、ユダヤ人を排斥する法律にも携わっていた人物だ。ヒトラーの死後は首相代行も務めており、ニュルンベルク継続裁判(本裁判で裁かれなかったナチ戦犯を裁いた後続の法廷)の大臣裁判で有罪判決をうけて投獄されたが、冷戦時代に恩赦を受けて出所した。
 ベアトリクス氏は大統領と「欧州の問題と自身の政治的挑戦について語り、感銘を受けた」という。
 同氏は大統領の他にも大統領三男のエドゥアルド下議やビア・キシス下議とも面会を行っている。これに対してブラジル・イスラエル連盟やホロコースト博物館は抗議声明を出している。

★2019年11月23日《ブラジル》体操界のエースがボルソナロ大統領と面会し物議=「ゲイなのに極右支持か」とネット荒れる
★2019年9月25日《ブラジル》ボルソナロ大統領=「アマゾンは人類の財産ではない」=国連総会で物議醸す演説=森林火災拡大での批判後=極右的主張を終始繰り返す
★2018年10月30日《ブラジル》大統領選=ボルソナロが42代大統領に=ハダジに55%対45%=裕福な地域での支持強く=「ブラジル初の極右大統領に」

image_print

こちらの記事もどうぞ