ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍CPI ワクチン契約疑惑で3人召喚=議会開会で捜査活動を再開=レシーザ社社長は来週か=曰く付きリオ病院も射程に

《ブラジル》コロナ禍CPI ワクチン契約疑惑で3人召喚=議会開会で捜査活動を再開=レシーザ社社長は来週か=曰く付きリオ病院も射程に

CPIの様子(Edilson Rodrigues)

 3日から上院のコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)が再開される。今週のCPIではアミウトン・ゴメス牧師ら、コロナワクチンの不正契約疑惑に関与したとされている人たちが証言を行う。またCPIは、リオ州の連邦病院での不正に関しての捜査も求める意向でいる。1、2日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ