ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》気候変動の影響深刻化=IPCCも加速化を指摘=少雨干ばつで農業被害も

《ブラジル》気候変動の影響深刻化=IPCCも加速化を指摘=少雨干ばつで農業被害も

伐採や火災、干ばつで苦しむ伯国の森(Mayke Toscano/Secom-MT)

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が9日、地球温暖化に関する第6次評価報告書を発表し、温暖化が加速している事を指摘。ブラジルや南米でも深刻な影響が出ており、迅速な対応が必要だが、連邦政府の足並みは揃っていないと9、10日付現地紙、サイトが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ