ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》戦車まで出してあえなく撃沈=印刷付き電子投票 下院本会議で正式却下=308票にまるで届かず=大統領は負け惜しみ

《ブラジル》戦車まで出してあえなく撃沈=印刷付き電子投票 下院本会議で正式却下=308票にまるで届かず=大統領は負け惜しみ

10日の下院での投票(Cleia Viana)

 10日、下院で「印刷付き電子投票」(ヴォト・インプレッソ)を選挙に導入するか否かの憲法補足法案(PEC)の全体投票が行われ、承認には308票以上が必要だったのに、賛成票は229人に終わり、ボルソナロ大統領の求めるヴォト・インプレッソは却下された。10、11日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ